スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『グロリア』 中年女性に銃を持たせるのは危険!『レオン』の原点と呼ばれるハードボイルド逃亡劇!

eiga099.jpg
グロリア
Gloria

監督 ジョン・カサヴェテス

1980年
アメリカ
123分



今回紹介する映画は『グロリア』です。
ニューヨークを舞台にした一風変わったギャングもの。
ハードボイルドでシリアスな内容ですが
なかなか派手なアクションシーンもありという作品。
本作の監督はジョン・カサヴェテス。
自主制作にこだわっている監督で
インディペンデント映画というジャンルを確立した人物。
本作もインディペンデント作品であり
主演はその妻のジーナ・ローランズ!
彼女を主演に起用した夫婦6作品は
今でも人気のあるものが多く
今回紹介するグロリアはまさに代表作。
ヴェネツィア国際映画祭では金獅子賞を受賞しました。
1999年にはシャロン・ストーンでリメイクされた人気作。
さてどんな映画なのでしょう?


復讐?馬鹿言うんじゃない!逃げるんだよ!


マフィアの重大な秘密を売ろうとした
会計士の一家が惨殺される事件が発生。
かろうじて生きのびた少年フィルは
同じアパートに住むグロリアの手でなんとか命をとりとめるが
問題はその秘密が書き記された手帳をフィルが持っていた事。
それがマフィアに知れ渡り、二人は逃亡するハメになる。
Gloria01.jpg
もともと子供が好きではないグロリア
口ばかり達者で生意気なフィル
初めは反発しあっていた二人だが
逃げ回るうちにお互いの命を大切に思える関係へと変わっていく。
Gloria09.jpg
グロリアはマフィアのドンの元恋人という事もあり
男顔負けの度胸でマフィア渡り合い
生き延びるためならためらう事なく銃を抜く!
しかし二人は徐々に追い詰められる。
そこでグロリアは大きな賭けに出るのだった。



・・・あれ?
この映画って・・・
そうなんです。
リュック・ベッソンの『レオン』そっくりです。
年代的にはこちらの方が古いので
『レオン』の原点なんて呼ばれている作品なんですね。

ジャン・レノが中年女性グロリアに
マチルダ役のナタリー・ポートマンが少年フィルに
といった具合に逆になっていますが設定もソックリですね。。
家族を殺された子供を救うという脚本も似ています。
ハッキリ違うのは『レオン』には明確なが存在し
その敵に対し復讐をするというものですが
『グロリア』は復讐劇ではなく
マフィアからの逃亡をメインに描いている事。

ただひたすら逃げる話なので
どうしてもノッペリとした展開になりがちなのですが
グロリアの強烈なキャラクターのおかげで
なんとか中だるみも我慢して観る事ができます。
逃避行って言っても近所を行ったり来たりですけど。

この映画の一番の問題点は
追いかけてくるマフィアが怖くない!(笑)
なんと言いますか…普通のおっさん?
Gloria05.jpg
…緊張感のない映像。。。

こんなのが追いかけっこの鬼ですから
何度繰り返される絶体絶命の危機も
グロリアはなんなく乗り越えます。
用心棒的な男すら簡単に殺されるし
マフィアとしてはもはや無能と言っていいレベル。
何故一人のおばはんを捕まえられないのか疑問です。
Gloria06.jpg
グロリアを追うマフィア達(何故か裸が数名)
ツッコミどころが多い組織です。

それから気になった点としましては
とにかく少年フィルが可愛くない!
Gloria04.jpg
生意気なのは我慢できるとして
全然言う事を聞かないし
半端にスタイルが良く子供らしさが無い!
素直に『はい』と言えないガキなので
中盤くらいから『憎ったらしいわぁ』と苦痛になってきます。
致命的なのはセリフの棒読みです。
子供とは言え『お前…マジか?』って思うほど大根なので
これがオーケーテイク?と不安になります。
Gloria02.jpg
フィルを助けるために銃乱射!渋いぜグロリア!
Gloria03.jpg
…ってお前その顔なんだよ!

貫禄の金獅子賞作品 その人気の秘密とは


っとまあ問題点ばかり書いてしまいましたが
本作は非常に人気が高い映画なのです。
それは何故か?
答えは簡単です。

グロリアがカッコイイ!
もうそれだけと言っていいのではないでしょうか?
sashie164.jpg
会話の真っ最中でも銃をぶっぱなす肝っ玉と
マフィアの女だった経験を活かした逃亡スキル!
憎ったらしいガキではありますが情が移り
いつしか母性をチラつかせはじめる人間臭さ
最終的にはマフィアのドンと直接対決!
彼女を見ているだけで本作は面白い!
タイトルが『グロリア』だもんね!
『そんな馬鹿な!』っていう支離滅裂な展開が続き
どんどん心が折れていくタイプの脚本の中で
グロリアを演じるジーナ・ローランズの輝きは圧巻!
彼女なしではこの映画は完成しなかったでしょう。

感動を誘う映画には程遠い
激しくハードボイルドな作風なので
『レオン』で感動した方には物足りない作品かもしれませんが
グロリアの方が好き!っていう人も多いと聞きます。
なるほどー・・・観て納得。
『レオン』の原点でありながら
まったく違う魅力を放つ問題作です。









[ 2014/03/19 17:44 ] マフィア・ギャング | TB(0) | CM(2)

1999年にはシャロン・ストーン版も観ましたよ。
グロリアさんのカッコよさでは、ジーナ・ローランズ版の
ほうが勝ちかなと思います。
ご指摘のクォリティ面では、シャロン・ストーン版の勝ちでしょうかね?
いずれにしても、大きな印象の違いはないかと。

そうそう、『レオン』にそっくりですよね。
『レオン』は、子供がもう少し活躍する版、でしょうか(笑)。
僕は『レオン』のほうが好きですね。

子供がもっと活躍する版とでも言えそうなのに、
『コロンビアーナ』というのもありますね(笑)。

子供がもっともっと活躍するのは『ハンナ』でしょうか。
これは、全然スートリーが異なりますが・・・。
[ 2014/03/20 02:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つかりこさんコメントありがとうございます!

> 1999年にはシャロン・ストーン版も観ましたよ。
> グロリアさんのカッコよさでは、ジーナ・ローランズ版の
> ほうが勝ちかなと思います。
> ご指摘のクォリティ面では、シャロン・ストーン版の勝ちでしょうかね?
> いずれにしても、大きな印象の違いはないかと。

シャロン・ストーン版は深夜放送で観た記憶があるのですが
あまり覚えてないんですよね(笑)
機会があったらもう一度観てみます。
ジーナ・ローランズ版は今回初めて観たのですが
人気の秘密がわかったような気がします。

> そうそう、『レオン』にそっくりですよね。
> 『レオン』は、子供がもう少し活躍する版、でしょうか(笑)。
> 僕は『レオン』のほうが好きですね。

僕も『レオン』好きなんです。
完全版が出る前から好きだったので
両方見比べたりしましたよ。
ストーリーとキャラクターがバッチリはまってます。
映画マニアにはあまり評判が良くないですよね?
面白ければいいじゃんって思うのですが(笑)

> 子供がもっと活躍する版とでも言えそうなのに、
> 『コロンビアーナ』というのもありますね(笑)。

『コロンビアーナ』結構好きなんです!
前半の緊迫感最高ですよね!
この先どうなるのかな?って思ってたら
あまりひねりのない真っ向勝負だったのが少し残念でした。

> 子供がもっともっと活躍するのは『ハンナ』でしょうか。
> これは、全然スートリーが異なりますが・・・。

『ハンナ』も面白かったなー。
でももっと面白くできる映画ですよね。
勿体無い感じが続く作品でした。

たしかこの2作、同時にレンタルしましたよ僕(笑)
たしかに『コロンビアーナ』と『ハンナ』
物語は異なれど共通点がありますね!
あーもう全部チェックし直したい!
[ 2014/03/20 08:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/99-fe49cba8















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。