FC2ブログ

『プロジェクトA』 ジャッキーチェン最高傑作!映画史に名を刻んだ大傑作!

eiga085.jpg
『プロジェクトA』
Project A


監督  ジャッキー・チェン

1983年
香港
106分



ジャッキー最高!な世代なので
この映画を紹介しないわけにはいきません!

成龍 JACKYCHAN 主演作品
『A 計 画 !』

本作は『ヤング・マスター』以降
過去のイメージを脱ぎ捨てるため
『脱カンフー映画』宣言をした後
満を持して発表された本格的アクション映画です。

ジャッキー・チェンといえば
『蛇拳』『酔拳』といったカンフー映画をはじめ
『ポリス・ストーリー/香港国際警察』などの
ポリスアクション映画が人気ですが
ジャッキーの最高傑作は?と聞かれたら
迷う事なくプロジェクトAと即答します。

物語の構成、無駄のない展開
出演者それぞれの名場面
サモハン・キン・ポー、ユン・ピョウとの豪華共演


『娯楽』『アクション』を究極に融合した神作品。
本人でさえこれを超えることはできないのではないか?と思うほど。
今でも石丸博也(吹替)のセリフのほとんどが
頭にインプットされてます。

数日で撮り終えるという事もザラな
超高速撮影で有名な香港映画界ですが
本作は半年以上かけてじっくりと撮影。
結果、香港映画史上最高の興行成績を記録し
ジャッキー・チェンの人気を不動のものにしました。


とんでもない面白さの本作。一体何が凄いのか?


■主演、監督、武術指導、脚本の全てがジャッキー!
この映画に対する本気度を表す一人四役!
カメラをのぞき、スタートを合図して
一歩間違えば大怪我のアクション!
もちろんスタントなし!
こんなに大忙しの主演俳優は見たことありません!

このセリフ!
sashie149.jpg
ジャッキー映画史上、最強の名セリフ!
ジャッキーの悪を許せない強い気持ちと
世渡りが下手でいつも上司に怒られる不器用さ
感情が爆発して大暴れした後にいうセリフです。
もう鳥肌モノのかっこよさ!
俳優としても大きな成長を見せた作品です。


■今まで見た事がない小道具を使ったアクション
ジャッキーの素晴らしさの一つとして挙げられる
街にあるもの全てを武器にする事ができるという
とんでもないオールマイティっぷり。
a05.jpg
椅子だろうが、自転車だろうが、食べ物だろうが
もうなんだってジャッキーの手にかかれば立派な武器!
肉体凶器ブルー・スリーとの決定的な違いと言えます。


■カンフーの動きだけではない、忍者のようなジャンプや疾走
ジャッキーといえば人間とは思えない驚異の身体能力!
垂直の壁を駆け登るやら滑り降りるやら
どんなに高い所だろうが臆することなく飛び回る姿は
見ているこちらが『そこまでやるか!』と興奮しまくり!
カンフーで培ったアクションだけでなく
忍者のように身軽な身のこなしや
マーシャル・アーツ的な動きも取り入れ
『世界一動ける男』である事を証明した作品です。


■ゴールデントリオが魅せる!圧倒的な格闘シーン

ジャッキー・チェン
サモ・ハン・キンポー
ユン・ピョウ


公開前からこの名前の並びを見ただけで
日本中が興奮しました。
a06.jpg
この三人がガッチリ出演している数少ない映画なので
ファンにとっては忘れられない映画の一つになっています。
a03.jpg
世界最強の幼馴染であるゴールデントリオ。
寸分の狂いもないギリギリのアクションは
呼吸をするのも忘れるほど!
もはや芸術!


■これでもかと詰め込まれた笑いのエッセンス
事あるごとに全裸になりたがるジャッキーですが
本作でも手桶だけ持ったヌードを披露(笑)
a07.jpg
本作でも一番の爆笑ポイントです。
また、サモ・ハン・キンポーのコメディセンスは抜群で
もう見ているだけで笑えるという恵まれた存在感!
100%笑っちゃうシーンがいくつもあります。
a02.jpg
また脇役の仕事も素晴らしい!
いちいち笑わせてくれるので映画が本当に短く感じます。
また、エンドロールにNGシーンを観せるという手法は
後のジャッキー映画で定番となり
ファンの間では楽しみの一つになっています。


■カラダを張った伝説の『時計台落下』
本作を語る際、絶対に避けて通れない伝説のシーンです。
a01.jpg
スタントなしで三回も落下した事は有名。
ジャッキーはこの撮影で首を骨折!
しかも回復を待って、再度同じシーンの撮影を行ったのだとか。
まさにアクション映画の怪物です。


・・・っと、ざっと書きましたが
一言で表現するとしたら
何度観ても面白い!という事!
これこそ映画の神様に選ばれし作品!


是非買って欲しいブルーレイ!ジャッキー映画のバイブル!



ブルーレイの仕様が素晴らしい!
日本公開バージョン(吹替版)が収録されており
石丸博也、水島裕、野島昭生
見事にゴールデントリオを演じています!

ちなみにジャッキーが歌う本作の主題歌
東方的威風は国際公開版に使用されたもので、
なんと香港公開版には収録されていません。
日本語吹き替え音声じゃないと聴く事ができないんです。
正直言ってあの歌がないと物足りないです(笑)
是非、日本語吹替版で鑑賞しましょう!

まだ観た事がないなんて人は
猛ダッシュで観なければいけない映画の一つ。
この映画にはジャッキー・チェンの全てが詰まっています。
これだけは持っておきたいマストアイテム。








[ 2013/11/17 11:22 ] アクション | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/06/07 20:57 ] [ 編集 ]

Re: 愛情を感じました!

おみさんコメントありがとうございます!

何度でも観たくなる映画ってのがありまして
私の場合『バック・トゥ・ザ・フュ-チャー』や『カリオストロの城』とかなのですが
このプロジェクトAも間違いなくその内の一本です。

[ 2016/09/22 16:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/85-77bd8cb7