FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『エクスペンダブルズ』 スタローンからのラブレター!最強の男達による最強の映画!

eiga082.jpg
『エクスペンダブルズ』
The Expendables


監督  シルヴェスター・スタローン

2010年
アメリカ
103分



大物俳優を二人使っての撮影は大変難しいそうです。
我が強い俳優二人の要望を聞き入れながら
その都度脚本や演出を直し
結局はどちらが主役かという事になり
監督や撮影スタッフが疲労困憊するのだとか。

ところがたまに奇跡が起こります。
ロードムービーの傑作『スケアクロウ』
ジーン・ハックマン&アル・パチーノなんかは典型的な例。
両者の良さが調和し、相乗効果が生まれた傑作です。
これを勝手にカツカレーの法則と呼んでいます。

さて、今回紹介する映画はこちら
エクスベンダブルズ!

スタローンが集めたメンバーをざっと見ると

ジェイソン・ステイサム
ジェット・リー
ドルフ・ラングレン
ミッキー・ローク
ブルース・ウィリス
アーノルド・シュワルツェネッガー
って…

だーかーらー!
なんでこんな事になったの!
どうすんの?
どうすんのよ!こんなに集めちゃって!

四番バッターばかりを集めた
一昔前の巨人軍?
いやちょっと違うぞ…
なんだろうこの感じ?
何かに似ている…

個性が強いものが集まり
それぞれが我が強く、調和しようとしない
それでいて豪華絢爛!

そうか!

おせち料理だ!


トゥーマッチなのに決め手がないおせち料理。
探せばいるかもしれませんが
『週一でおせち食いたい』って人は見た事がありません。
おそらく『白米がすすむ物がない』というのが原因。
こんなに豪華なのにも関わらずです。
かつてCMで『おせちもイイけどカレーもね』などと
超ド定番献立であるカレーにすら地位を脅かされた
可哀想なおせち料理。あんなに豪華なのに!

伊勢海老のポジションはスタローンとして
伊達巻は、伊達男ジェイソン・ステイサム。
栗金団は、かつて甘いマスクで名を馳せたミッキー・ローク。
ドルフ・ラングレンはどうしようか。
彼の当たり役はロッキー4のドラゴ。
ドラゴといったらロシア。
ロシアといったら…まあロシア産の数の子あたりにして
黒豆ジェット・リーあたりか。
sahie145.jpg
いやそんな事よりも映画でした。

あらすじとかはもういいでしょう。
そういう次元の作品ではありません。
筋肉と筋肉がぶつかり合い
ギネス級の銃弾が飛び交い
幾度となく大爆破な映画です。

決して馬鹿にしているわけではありません!
スタローンって脚本の才能があると思うんです。
シンプルだけどツボを知っているというか
ダラダラした話を書いたりしないんです。
真っ直ぐな気持ちで名作『ロッキー』を書ける人は
スタローンしかいないでしょう。


ギャオ!
Expendables02.jpg
ブルース・ウィリスとスタローン!

そして…

Expendables04.jpg
シュワがキター!
長年の夢が実現した瞬間!


二人の会話が最高!
Expendables03.jpg
シュワ 『ディナーでもどうだ?』
スタロ 『いつだ?』
シュワ 『1000年後』
スタロ 『急だな』

・・・・・

たまんねーーー!!(涙)

誰がこんな映画を作れる?

スタローンしかいねー!


スタローンの助手席にジェット・リー!
Expendables05.jpg
新鮮!もう新鮮!

バイクにまたがるスタローンに刺青を彫る
Expendables01.jpg
ミッキーローク!

誰がこんな映画を作れる?

スタローンしかいねー!


鑑賞するまでは大味なアクション映画だと思ってましたが
観ているとワクワクが止まらない!
なぜ?どうして?

そして自分の認識の甘さに気がつきました。
これはただのアクション映画ではありません。
エクスペンダブルズという
全く新しいジャンルなんです!


そうか!そういう事だったのか!
今のところ、この地球上で
エクスペンダブルズというジャンルは
『エクスペンダブルズ』
『エクスペンダブルズ2』

そして公開を噂されている
『エクペンダブルズ3』のみ!
つまり敵なし!


ジャン・クロード・バンダム
メル・ギブソン
ハリソン・フォード
アントニオ・バンデラス
ウェズリー・スナイプス

が追加されちゃってるんだから。
もう誰も止められません!

噂されているニコラス・ケイジ
ミラ・ジョヴォヴィッチ
ジャッキー・チェン
は参加するのか???


みんなでビール飲んでピザ食って
ゲラゲラ笑いながら大騒ぎして観たいなぁー。

みんなが観てみたい!っていう夢のような映画。
実現したらどんな作品になるんだろう?っていう好奇心。
スタローンは全てわかってたんですね。
当たり前ですが、スタローン本人が
世界中の誰よりもスタローンを知っているわけです。
ちょっと感動的。
レビューなんて意味ありません。
スタローンの愛を受け止める覚悟
この映画に必要なのはそれだけです!

そういえば言い忘れてましたが
おせち料理好きです。

こちら一作目。


二作目。もう止まらん。






[ 2013/11/07 00:00 ] アクション | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/82-25b812b7















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。