スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『キャリー』 リメイク版公開直前!スティーヴン・キング&デ・パルマの完璧な映像作品

eiga071.jpg
『キャリー』
Carrie


監督  ブライアン・デ・パルマ
原作  スティーヴン・キング

1976年
アメリカ
98分


10月18日に全米で公開された『キャリー』のリメイク版。
日本では11月8日に公開が決定しています。
キック・アスのヒットガールで人気が爆発した
クロエ・グレース・モレッツが主演という事もあり
楽しみにしている方も多いのでは?
キャリーの母親をジュリアン・ムーアが演じるというのも
いかにもって感じで楽しみです。

さて、今回は1976年に公開されたオリジナル版
キャリーを紹介します!
モダンホラー作家の巨匠
スティーヴン・キングのデビュー作『キャリー』を
ブライアン・デ・パルマが映画化!
圧倒的な映像美と、彼の個性が炸裂した
奇跡の大傑作ホラーです。
本作は大ヒットを記録。
一躍世界中に名が知られるようになります。
しかし凄い二人が揃ったものです。


思春期ゆえの残酷で危険な悪戯 その時キャリーは全てを壊す

 
簡単なあらすじ

女子高生のキャリーは、地味で気弱な性格から
いつもクラスメイトたちからいじめを受けていた。

carrie07.jpg
いじめはエスカレートしていくが
担任のコリンズによって収拾がつけられた。
いじめた者に対し

 プロムパーティーの参加禁止
 嫌なら毎日居残りで体育授業

という罰をあたえる。
渋々同意する彼女たちだったが
女子の中心的存在クリス(ナンシー・アレン)は
過酷な授業に耐えかね逃げ出す。

carrie01.jpg

一緒にはやしたてたスーは罪滅ぼしとして
自分の恋人であるトミーに
キャリーをプロムに連れて行くようにお願いする。


母親はプロムに行くことを禁じるが
キャリーは「みんなに溶け込みたい」と
生まれて初めて母に反抗する。
希望と不安との入り混じった気持ちで
プロムへと向かうキャリーだった。

carrie08.jpg
一方、キャリーを逆恨みするクリスは
恋人のビリー(ジョン・トラヴォルタ)と共に
恐ろしい悪戯を計画していた。



今回は極力ネタバレなしで書きます!

最高!
文句なしの大名作です。
本作はホラーの大傑作でありながら
思春期の少女たちの『いじめ』『初恋』
思春期ゆえの『残酷さ』を描く
青春映画でもあります。
そして最終的には壮絶な復讐が待っているという
他に類を見ない斬新な映画と言えます。

特に後半!もう一秒も目が離せない!
芸術性を追求すると物語が希薄になりがちですが
この映画は言葉が出ないほど完璧。

今まであまり意識していなかったんですが
私ってデ・パルマ作品好きなんですねきっと(笑)

こんな感じに撮ればウケるかな?というのではなく
『絶対にこう撮るんだ!』という異常な熱量(笑)
物語のクライマックスでは
分割画面や、長回し、スローモーション
目線アングルなどを駆使する
デ・パルマカットと呼ばれる独特な映像で
観る者を釘付けにします。
まだ観ていない方は是非体験して欲しい!


彼女の状況が秒殺で理解できる体育の授業
sashie136.jpg
いじめられっ子って球技ダメだよね。


それぞれの個性が光る 魅力的な出演陣


キャリー役のシシー・スペイセクが素晴らしい!
carrie06.jpg
友人に溶け込めない地味で内気な少女
初めて恋を体験し、夢や希望にあふれる少女
そして復讐の鬼となる顔を見事に演じ分けています。
この頃すでに27歳だったとか!
驚くべき童顔!

キャリーの母・マーガレットを演じるのは
パイパー・ローリー。
carrie09.jpg
エキセントリックな演技を魅せてくれます。
本作ではシシー・スペイセクとともに
アカデミー賞にノミネートされました。

チンピラが似合うジョン・トラボルタ(笑)
carrie05.jpg
それからナンシー・アレン!
この二人が悪いのなんの!


永遠に色褪せることのない『完璧』な映像作品


この映画の魅力を語るのは本当に難しい!
と言うのも、一つのジャンルに絞る事ができない
不思議な作品なんです。
ホラー映画として語っていいのか?という問題。

前半の楽しげでコミカルな映像や音楽
※セクシーな描写もありつつ
思春期の少女たちの難しさを描いた
青春映画のようであり
後半のロマンチックな展開から
一気に転落する絶望的な映像は
パニック映画、恐怖映画そのもの。
恋愛の要素もあり、さらにはオカルトの要素も。

ただ言えるのは
完璧な作品であるという事。
これだけ盛りだくさんな要素を
たった98分でまとめ上げる才能!
スティーヴン・キング原作を
デ・パルマが圧倒的な熱量で
ギューッと濃縮した映画。
ある意味原作では完璧でなかったものを
デ・パルマの手で完成させたような映画です。

『キャリー』のリメイク版は
どこまで本作に迫れるのでしょうか?
キャリー役のクロエ・グレース・モレッツが
ちょっと強そうなのが心配ですが(笑)

リメイク版を観る前に是非予習してください!
映画史に名を残す傑作です。






[ 2013/10/20 14:07 ] ホラー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/71-5c6f3cff















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。