FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『キック・アス』 続編の日本公開が決定!最低で最高な大傑作!

eiga046.jpg
『キック・アス』
Kick-Ass

監督 マシュー・ヴォーン

2010年
製作国 アメリカ イギリス
117分

2010年のベストムービーという人は多いのではないでしょうか?
超絶おすすめアクションムービー
『キック・アス』を紹介します。


馬鹿馬鹿しく感動的なサクセスストーリー!


主人公デイヴはスーパーヒーローに憧れる
天パー眼鏡の典型的なモテない青年。
彼は突然『本物のヒーロー』になろうと思い立ち
(本当に突然思い立つ)
通販で手に入れた全身タイツ的なスーツを装着!
たちまちヒーロー『キック・アス』に変身!
よせば良いのにその姿で街へ繰り出す!
しかし、スーツを着たからって強くなれるわけではなく
(そもそも何の特技も持っていない)
案の定、チンピラにボコられ
刺され、ついでに車に轢かれ
見事に病院送り!
普通はここで自分の弱小っぷりを痛感するんですが
何故か彼は止まりません。
やがて彼の活躍(?)はYouTubeにアップされて話題を呼び
たちまち時の人となります。


そんな偽者ヒーローがやがて大きな事件に巻き込まれ
『本物のヒーロー』になるまでを描く
青春?いやアクション映画です。

主役のキック・アスを演じるのは
アーロン・ジョンソン。
『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
ジョン・レノンを演じ注目された俳優です。
実は凄い男前なんですけど
今作では頼りないオタクを見事に演じています(笑)

これといった特技もなく
基本的に殴られっぱなしのキックアス。
おまけに憧れの女性にはゲイと勘違いされ
恋愛相談されるというヘタレっぷり。
スーパーヒーローには程遠い存在です。
ところが不思議な事に
ゾンビのように何度も立ち上がる姿が
いつの間にか格好良く見えてきます。

ヒットガール絶体絶命のピンチ!
黒人の護衛がバズーガ砲をかまえ
『スカーフェイス』の名台詞
『Say hello to my little friend!』を叫んだ後に
突如エルヴィスの『アメリカの祈り』が流れて
度肝を抜く登場で救出にやってくるキックアス!
もう全然意味がわかならないんですが
何故か胸が熱くなりました(笑)


しかしこの映画と言ったら
ヒット・ガールを演じるクロエ・グレース・モレッツ!
sashie083.jpg
本作で魅せた小さな身体から繰り出す技の数々や
暴言だらけのクールなセリフで一躍人気者になりました。
可愛らしい顔でバタフライナイフ振り回して
汚い言葉を吐き捨てる姿は
主役が霞む強烈なインパクト(笑)
続編では少し大人になった
セクシーなヒット・ガールが登場します。


ビッグ・ダティを演じるのはニコラス・ケイジです。
大のアメリカンコミック好きでも知られ
息子にスーパーマンの本名であるカルエルと名付けたり
『まんだらけ』で40万のガメラを買ったり
かなりのオタク気質であるニコラス・ケイジ。
本作では娘を殺人マシーンに英才教育する
クレイジーな父親をノリノリで演じています!
前々から思っていたのですが
ニコラス・ケイジのって反則ですよ。
真面目な顔が面白いんだもん。
ビッグダディの『Oh my god!』
どんなに体調悪くても笑っちゃいます。
sashie082.jpg
あまり良い印象のない俳優でしたが
ビッグ・ダディはパーフェクト!

資金難だった自主映画がクチコミで大ヒット!


今でこそ大ヒット映画として知られる『キック・アス』ですが
完成までの道のりは大変だったようです。

その過激な内容にスポンサーが難色をしめし
まったく制作資金が集まりませんでした。
それでも諦めきれないマシュー・ヴォーン
私財を削り、見切り発車で撮影をスタート!
なんと『自主映画』として完成させた作品なのです。

製作にブラッド・ピットの名前がありますが
配給が決まらずにいた今作のプロデューサーを
彼が買って出た事で、ようやく公開になったのだとか。
ブラッド・ピット偉い!
あんた最高だよ!

日本では当初4館しか上映していませんでしたが
クチコミで人気に火がつき
最終的には70館以上で上映される大ヒット作に!
根性で映画を完成させたマシュー・ボーンに拍手!

映画を盛り上げるご機嫌なサントラ!


キック・アスは音楽も最高!
特にヒット・ガールのアクションシーンで流れる二曲は
迫力のあるバトルを大いに盛り上げてくれます!

Incredible Shrinking Dickies
The Dickies / Banana Splits

『tra la la tra la la la!』
ご機嫌なコーラスが楽しいディッキーズ!
疾走感がありポップで可愛らしいメロディが印象的な
Banana Splitsは彼らの人気ナンバーなのですが
まさか『キック・アス』で使用されるとは!!!
ラモーンズほど知名度は高くありませんが
LAパンクを代表するPUNKバンドです。
徹底的にふざけまくってる
超おバカなサウンドが大好きです。


Joan Jett and the Blackhearts Greatest Hits
Joan Jett and The Blackhearts / Bad Reputation

泣く子も黙るジョーン・ジェット!
わずか16歳でザ・ランナウェイズのギタリストとしてデビュー。
この『Bad Reputation』
彼女がザ・ブラックハーツ名義で発表した曲です。
血が沸騰する超ハイテンションなパンクナンバーは
ヒット・ガールのイメージにピッタリ!
映画『ランナウェイズ』の劇場公開に合わせて発表された
ベストアルバムは代表曲が網羅された決定版です。

ちなみに『キック・アス』のサントラには
Bad Reputation - The Hit Girlsと書かれており
『クロエが歌ってるのでは?』という噂がありますが
公式には発表されていないようです。
劇中ではJoan Jett & The Blackheartsのオリジナルが流れます。

他にもオリジナルサウンドトラックには
プライマル・スクリーム
プロディジー
ニューヨーク・ドールズ(!)
といった
ロックファンなら素通りできない名前が並びます。

待望の続編 2014年2月日本公開が決定!


続編を撮影してるという噂からもう2年以上。。。
最近はコメディ系の作品が日本公開されない場合が多いので
『完成したとしても日本公開は難しい』という噂もあり
不安でいっぱいだったのですが
来年2月『Kick-Ass 2』日本公開される事になりました!
前作の主要キャストの続投はもちろん
ジム・キャリー出演というのが期待させます!
sashie084.jpg
ちなみに前作で監督を務めたマシュー・ヴォーンは
製作に専念しプロデューサーとして参加。
ジェフ・ワドロウが監督・脚本に就任。
監督の交代はちょっと気になりますが
予告を見る限り全然大丈夫っぽいです(笑)

ド派手なアクションはもちろんの事
暴言連発のセリフや、きわどい下ネタ
それから映画で使用される楽曲に期待!
うーん…公開が待ちきれない!







[ 2013/09/04 20:54 ] アクション | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/46-77f0be36















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。