スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『シン・シティ』 超人気アメコミをロドリゲスが実写化!美しすぎる映像に酔いしれる!

eiga037.jpg
『シン・シティ』
sin city

監督・脚本
ロバート・ロドリゲス
フランク・ミラー

特別ゲスト監督(?)
クエンティン・タランティーノ

2005年
アメリカ
124分


ここまでアメコミの世界感を再現できている映画はありません!
『愛』が溢れる究極の作品と言えます!


監督が3人!エゴのぶつかり合い


原作者で監督のフランク・ミラーはコミックライター兼アーティスト。
ハードボイルドな男を描いた作品は世界中で人気があります。

ロバート・ロドリゲス『デスペラード』『フロム・ダスク・ティル・ドーン』など
スピード感溢れるバイオレンスシーン
勢い任せのバカっぽい展開
涙が出るほど下らない小道具を使った演出などで
絶大な人気を誇る監督です。

皆さんご存知クエンティン・タランティーノ
『パルプ・フィクション』『キル・ビル』など
複雑なプロットと、馬鹿馬鹿しい物語
まったく意味のない会話や、ド迫力の暴力シーンが特徴ですね。
超がつくほど映画オタクで、ロドリゲスとは大の仲良し。
映画好きであれば知らない人はいない有名監督です。
特典映像で確認したところ
タランティーノは、あるシーンのみメガホンをとってます。
これがいかにもなシーンで笑っちゃいます。
この二人、本当に仲良しだなぁ。

この三人に映画を撮影させたらどうなるか?
大体想像できる自分が嫌になりますが(笑)

実際見てみると、いい意味で期待を裏切る作品でした!
三人の個性が上手い具合に融合して
豪華な俳優がそれぞれ最高の仕事をしているという
なんとも贅沢な作品です。


命を賭ける男達 シンシティの世界


この映画は
『同じ街でおこった3つのエピソード』で構成されています。

EP1「ハード グッバイ」

EP2「ビッグ ファット キル」

EP3「イエロー バスタード」


3話に直接的な関連性は無い(?)のですが
どれも女性のために命を賭ける男達のストーリーです。
彼らは様々な陰謀に巻き込まれ、奇妙な運命を辿ります。


圧倒的な映像美!ただのモノクロ作品とはワケが違う!


この作品は全編に渡ってコントラストの強いモノクロ映像なんですが
部分的にビビッドなカラーが使用されています。
光と影だけの世界に
口紅の赤や、グリーンの瞳などの鮮やかな色が
突如挿入されるのですが
これがまた溜息が出るほど美しいのです。

この技法はこの物語にバッチリはまっていて
血みどろのバイオレンスなシーンを
あえてモノクロ映像で描く事で残酷さを薄めたり
それとは逆に、絶妙なタイミングでカラーを使用する事で
その場面が印象的なものに変化して
リアルに感じるという不思議な効果があります。
実験的な試みですが、
コミックスの登場人物が実際に動き出したような
独特の世界観に仕上がっています。
お見事の一言です。


セリフで魅せる男の美学


カッコイイ男と美女。徹底的にハードボイルドな演出。
そして何よりも男たちのセリフが素晴らしい!
これがもう鳥肌が立つほどのかっこよさ!

長い時間をかけて悲鳴を上げさせ殺してやる
その時そいつが味わう苦しみに比べたら
死んだ後に落ちる地獄など天国に感じられるはずだ


よくもまあこんな言い回し思いつくなーという名セリフがたくさん!

とは言ってもロバート・ロドリゲスです。
渋い映画にする気配はなく、
ありえない展開を繰り返すB級映画の醍醐味が満載!
毎回斬新な殺し方を披露するロドリゲスですが
今作も素人にはなかなか思いつかない殺害方法を魅せてくれます。



個性派揃い!豪華すぎるシン・シティの住人


ブルース・ウィリスが演じるハーティガンが主役ではありますが
ミッキー・ロークが演じたマーヴという大男のインパクト!
sashie065.jpg
このマーヴが最高なんです!
と、偉そうに書いていますが、
素晴らしすぎる特殊メイクのおかげで
最初ミッキー・ロークだと気がつきませんでした。

ナンシー役のジェシカ・アルバは相変わらずキュートです。
ロドリゲスの『マチェーテ』にも出演していましたが
こちらの作品の方が彼女に合っているような気がします。

娼婦街の女王ゲイルを演じたロザリオ・ドーソンがいい!
強くて美しい!魅力的に演じていました。

殺人兵器・ミホ役はデヴォン青木。
セリフなしではありますが、凄い存在感!(特に顔)
たしか彼女もマチェーテにも出てたなーと思って調べてみたら
シェリル・チンという別人でした。。。そっくり!
全然気がつかなかった。。。

他にも癖のある俳優陣がシン・シティで大暴れしています。
でも不思議とぶつかり合う印象はなく
それぞれが見事に映画の世界に染まっているのは
みんなノリノリで演じているからでしょう。

そうそう『ブレードランナー』ルトガー・ハウアーも出演!
ルドガー・ハウアーが出てると『おおお!』と思ってしまいます。
なんというか・・・顔がいいですよね。好きな俳優です。


続編『シン・シティ: ア・デイム・トゥ・キル・フォー』が10月4日公開!


『シン・シティ』の続編である作品
『シン・シティ: ア・デイム・トゥ・キル・フォー』の公開が決定!
現時点で発表されている公開日は2013年10月4日!
延期が続いているので、ちょっと不安ではありますが。。。
今回出演が決定している俳優を見るだけで期待しちゃいます!

ジェシカ・アルバ
ジョシュ・ブローリン
ロザリオ・ドーソン
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
エヴァ・グリーン
ジェイミー・キング
ミッキー・ローク
ブルース・ウィリス


おお!凄い名前がたくさん!
これは期待させますねー!

監督はもちろん
フランク・ミラーとロバート・ロドリゲス!
脚本ももちろん
フランク・ミラーとロバート・ロドリゲス!

そして。。。

音楽 ロバート・ロドリゲス!
撮影 ロバート・ロドリゲス!!
編集 ロバート・ロドリゲス!!!









[ 2013/08/09 12:14 ] アクション | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/37-e6deba81















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。