FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ドラゴン・タトゥーの女』 ファン悶絶!驚きの完成度となった大ヒット作

eiga027.jpg

『ドラゴン・タトゥーの女』
The Girl with the Dragon Tattoo

監督 デヴィッド・フィンチャー
2011年
アメリカ
158分


『ドラゴン・タトゥーの女』は、
スティーグ・ラーソンの推理小説『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』が原作。
スウェーデン版『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』に次ぐハリウッド映画化です。
この映画は何度も観た作品。思い入れの強さが出てしまい
やや長文となりました。。。


40年前の少女失踪事件と猟奇的連続殺人事件のつながり


裁判に大敗を喫した記者ミカエルは、全財産を失い失意のどん底にいた。
そこに大物実業家から『とある謎を解明して欲しい』という依頼が入る。
それは40年前に失踪した少女についての調査と、その謎の解明という内容。
探偵まがいの仕事だった為、いまいち乗り気になれないミカエルだが
『報酬とは別に、裁判判決を逆転させるような証拠を渡す』と言われ
止むなく引き受ける事となる。

依頼を引き受けたミカエルは、フリーの天才ハッカー・リスベットとともに
事件の真相に近づいていくのだが
恐るべき連続殺人事件との関連性に気がつくのだった。



デヴィッド・フィンチャー監督作品


『エイリアン3』で監督デビュー後、『セブン』『ファイト・クラブ』といった
センセーショナルな作品を立て続けに発表し
その凶暴な作風にファンは熱狂しました。
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『ソーシャル・ネットワーク』といった
今までとは違う視点からのアプローチが多かったデヴィッド・フィンチャーですが
ついに猟奇殺人サスペンスを解禁!やったね!

彼の特徴は暗い映像とこだわり抜いた光の使い方です。
今作も暗闇の使い方は絶妙で
主人公の不安定な心理状態をうまく表現しています。

そして最大の魅力(だと思っています)は
容赦のない残酷描写!
代表作と言っていい『セブン』や『ファイト・クラブ』では
圧倒的な暴力と人間の凶暴性を描いていました。
『ドラゴンタトゥーの女』が発表された時
『これこれ!待ってました!』というファンは大勢いたと思います。
絵画のような完璧な映像と、その世界を彩る美しい音楽。猟奇的な事件。
この手の作品を撮らせたら右に出るものはいませんね。
ドラゴン・タトゥー3部作全てのメガホンを取って欲しい!


リスベットの魅力にとりつかれる ルーニー・マーラ


ダニエル・クレイグ演じるミカエルが主役だと思っていたのですが、
内容的にはルーニー・マーラ演じるリスベットの物語と言えます。
それだけ彼女の存在感が凄い!
sashie049.jpg
モヒカン頭に顔面ピアス
黒を基調としたメイクにパンクファッション
少女のようなガリガリのカラダに低い身長
『あーヤバそうな奴が出てきたなー』と誰もが思うはず。
そう、彼女がリスベットです。

リスベットはフリーの調査員。調査員として実力派は天才的で
ハッキング、盗聴など、なんでもアリで徹底的にターゲットを調べ上げます。
ただ『興味のある仕事しか受けない』という気まぐれなスタンス。

リスベットは血が通っていない人形のような顔をしいます。
まったく感情の起伏が読み取れない謎めいた存在です。
さらに過去のトラウマから凶暴な一面があり
精神異常者の烙印を押され、後見人を付けられる生活を送っています。
はい。つまり面倒くさい女なわけです。

ある日、ミカエルが突然部屋を訪れます。
アポなしで、寝ているリスベットをたたき起こし
ズカズカと部屋に入り込み、勝手に話を進めます。
sashie050.jpg
彼は『君に協力して欲しい』と、現在調査中の事件の内容を語ります。
初めは警戒しまくりだったリスベットですが
徐々に猟奇的な事件の内容に興味を持ち
さらにミカエルという男にも興味を持ち始めます。

とにもかくにもこうやって二人はチームになり
事件の真相を追求する事になるのですが
ここから物語は怒涛のように加速します!

この二人の出会いのシーンが大好きで
何度も何度も観ました。リスベットの困惑した顔の可愛いこと!

その後二人は一気に事件の真相に近づき
恐るべき真実に驚愕するのですが
それと並行してリスベットがミカエルに対し
特別な感情(!)を抱きはじめるという
なんとも不器用な恋心が描かれています。

そうなんです。これはミステリーであり、サスペンスであり
リスベットの成長と恋心を描く
ラブストーリーでもあるのです。


映像を彩る神経質なサウンド トレント・レズナー


前作『ソーシャル・ネットワーク』と同じく
トレント・レズナーアッティカス・ロスの二人が音楽を担当しています。
レズナーはナイン・インチ・ネイルズのフロントマン。
前回の音楽も凄かったけど、今回の『ドラゴン・タトゥーの女』も
相当作り込んだ内容となっています。

今回のトレント・レズナーもいい仕事してます!
予告編映像で話題になっていた
レッド・ツェッペリンの『Immigrant Song』のカヴァーは
オープニングで聴くことができます。
歌うのはヤー・ヤー・ヤーズのカレン・O!
いかにもデヴィッド・フィンチャーといった映像と重なり合って
映画への期待感が膨れ上がります!
驚かされたのがブライアン・フェリー
『Is Your Love Strong Enough』のカヴァー。
トレント・レズナーがブライアン・フェリー?と不思議な感じがしましたが
これがまたなかなかカッコイイ曲に仕上がっています。
映画が気に入ったら是非サントラも聴いてみてください!


複雑な人間関係と登場人物の多さ


この映画は『登場人物の多さ』に驚かされる作品でもあります。
しかも名前がとっつきづらい響きで
覚えるだけで結構苦労すると思います。

この感じ、何かに似てるなと思ったのですが
横溝正史の金田一シリーズでした。
『弟の息子?』『姉の旦那?』と家系図が欲しくなります。

根気のない人は登場人物に翻弄されてしまい
途中で挫折してしたくなるかもしれませんが
そこは是非我慢して最後まで見て欲しい!
後半です!後半から一気に面白くなるんです!

そして何より2回目が一番面白い!
是非最後までご覧いただき、二度目の鑑賞をおすすめします!
登場人物の多さに翻弄されていたのが嘘のように
物語がスルスルと頭に入っていきますよ。
そしてこの『ドラゴン・タトゥーの女』が
いかに無駄ないシーンのない完璧な内容であるかが理解できると思います。







[ 2013/06/27 00:01 ] サスペンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/27-c4d9ee56















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。