スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ベスト・キッド』 究極の親バカ映画!いつだってジャッキーは最高

eiga018.jpg

『ベスト・キッド』
The Karate Kid

監督 ハラルド・ズワルト
2010年
アメリカ
139分


ジャッキーファンには勿論の事
大ヒット作のリメイクという事で話題だった作品。
ウィル・スミスの息子が主演しています。
製作にはウィル・スミスの名前が・・・
究極の親バカ映画ですね。

この作品、原題が『The Karate Kid』なのですが
リメイクするにあたって『空手』から『カンフー』のお話になってます。
だったらタイトル変更したらいいのに…ややこしいです。


舞台は北京!


母の転勤でデトロイトから北京へと移り住んだ少年ドレ。
北京に着くなり地元のクソガキにリンチされます。
原因はバイオリンを練習する少女メイと仲良くしていた事への逆恨み。
ここから毎日いじめの日々。
ある日、絶体絶命のピンチとなったドレの前に
アパートの管理人さんのハン(ジャッキー)が登場!
見事なカンフーで少年たちを撃退!
ハンの強さに魅了されたドレはカンフーを習いたいと思い始める。


…というか『ベストキッド』とまるっきり同じ内容なので
書く必要なんてあるのかしら…?


パット・モリタからジャッキー・チェンへ


空手からカンフーに変更された事で
精神的な強さより、実戦的な強さを追求する修行が増えています。
中には『酔拳』『蛇拳』の修行シーンを思い出させるシーンも。
sashie035.jpg
あのジャッキーチェンが師匠となり
弟子にカンフーを伝授する…というシーンは
長年のファンにとって涙なしでは観れない感動的なものでした。

あのシーンも再現。
sashie034.jpg
箸でハエを追います。

しかし先代師匠『パット・モリタ』『不気味な強さ』が無いので
いくらジャッキーがしょぼくれた老人役を演じていても
『ジャッキーなら強くしてくれそう』と思ってしまうんです。
それだけジャッキー・チェンの現役感は凄まじく
『普通に強いオッサン』にしか見えないのが大きいですね。


難しいと言われるリメイク作品での大成功


この作品は上映開始当時から大ヒットしまして
ジャッキー世代のお父さんが子供と一緒に観たという話をよく聞きました。
『正義は勝つ!』という映画なので
子供と安心して鑑賞できる作品と言えます。

しかしあくまでリメイク。
オリジナル『ベスト・キッド』を観てた人には
新たな感動があるわけでもなく
結末までそっくりなので
『もう少しひねってもいいのでは?』という欲が出ます。


どうしても気になる139分という長さ


観終わった感想ですが…とにかく『長い!』
ウィル・スミスがホームビデオで撮影してるのかと思うほど。
無駄なシーン(特に前半)を削れば90分でまとめる事ができると思います。

難しい事を考えず、『正義は勝つ!』という痛快な映画としては
100点満点なので、誰でも楽しめる娯楽大作です。










オリジナルはこちら


[ 2013/06/19 12:20 ] アクション | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/06/07 20:50 ] [ 編集 ]

Re: また面白い

おみさんコメントありがとうございます!

いやーメッセージに感動しましてあわててブログ再開しました(笑)
ぼちぼち書いていきますんで遊びに来てくださいねー!
[ 2016/09/22 16:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/19-62935ba7















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。