FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ロスト・イン・トランスレーション』 外国人から見た『日本』ってどんな国?

eiga017.jpg
『ロスト・イン・トランスレーション』
Lost in Translation

監督 ソフィア・コッポラ
アメリカ
2003年
102分


ソフィア・コッポラの出世作


『ヴァージン・スーサイズ』で監督デビューした
ソフィア・コッポラの二作目です。
この映画をきっかけに注目される新鋭若手監督になりました。
ソフィアは女優・ファッションデザイナーと色々やっていますが
映画監督が一番肌に合っているような気がします。
父は名監督フランシス・フォード・コッポラ。ご存じですよね。


異国で一人ぼっちが二人


ハリウッド俳優であるボブ・ハリス。業界ではやや低迷気味である。
そんな彼に、日本のウィスキーのCMのオファーが入る。
出演料はなんと2億円!
しかし落ち目のボブはマネージャーやボディガードもおらず、
単身来日する。

大スターの来日という事でホテルではVIP待遇。
しかし肝心のCM撮影はウィスキーを持って
ニヤけるだけという退屈なものだった。
仕事はうまくいかず、愛する家族とも距離を感じるようになっていたボブ。
言葉も文化も異なる東京で、どうしようもない孤独を感じていた。

同じホテルに滞在していたシャーロットという女性。
彼女はカメラマンの夫と来日したのだが
夫は仕事が忙しくほとんど彼女を相手にせず、また孤独であった。
二人はホテル内で顔見知りとなり、やがてお互いの『孤独』は共鳴する。



トーキョーってどんな街?


たしかに日本を描ききれていないという弱さや
そんな馬鹿な!ってシーンがたくさんあったのですが
『何も起こらない。何も始まらない』というタイプの映画では
大成功している作品だと思います。

『日本を馬鹿にしている』ととらえる人がいるようですが
それは考えすぎだと思います。
外国人から見たら日本って変な国なんですよ。
日本では常識でも、外国人から見たら違和感があったり
『へぇ~そんな風に思うんだ?』というシーンがいくつかあります。

渋谷の『しゃぶ禅』というお店に入った二人が
肉の写真を見て『違いがわからない』って言ったり
『自分で料理する店だなんて』って言ったり
なるほど!たしかに!って笑ってしまいました。
sashie33.jpg


単なるオシャレ映画ではない


カッコイイ映像や音楽を羅列するオシャレ映画かな?って思っていましたが
それだけじゃなく、淡々とした中にも最後まで見せる力強さがあります。
アカデミー脚本賞を受賞したというのも納得。

どこかのレビューで『恋愛映画として中途半端』と書いた人がいましたが
これは一般的なラブストーリーではないと思います。

言葉の通じない異国に放り出された事で
『仕事と自分』『家族と自分』の距離を見失い
やがて自分自身の存在理由すら曖昧になってしまうという『不安』を描く作品です。
酔っ払ったボブがどこ行けばいいのかも分からず
あてもなくフラフラ歩いている姿は
孤独に潰されそうで切なくなります。


名優ビル・マーレイの上手さ


私事ですがビル・マーレイが大好きなんです。
スクリーンにいるだけでちょっと幸せな気持ちになります。

この映画では大スターでありつつも冴えない中年という
彼ならではの演技が堪能できます。

一番驚いたのがカラオケを歌うシーン!
しかも選曲したのはエルヴィス・コステロ!
sashie032.jpg
(WHAT'S SO FUNNY 'BOUT) PEACE, LOVE & UNDERSTANDING※名曲

またラストシーンの切なさ。
ビル・マーレイだからこそ名作になったのだと思います。
やっぱ上手いんです。魅せ方を知ってるんですね。


スカーレット・ヨハンソン


こんなに可愛らしい女性だったとは!!!!

コーエン兄弟監督の『バーバー』、『ゴーストワールド』でのレベッカ役で
個性的な女優だなぁという印象はあったのですが
この映画のスカーレット・ヨハンソンは抜群に魅力的です。

ここ最近の彼女は色っぽい役が多いのですが
今作では『旦那からほったらかしにされている人妻』を演じています。
これがまた何とも言えない危なっかしさとチャーミングさがあり
スカーレット・ヨハンソンを選ぶあたり
ソフィア・コッポラはセンスあるなーって思いました。


ちょっと豪華なチョイ役


CMディレクター役でダイヤモンド☆ユカイが出演しています。
なぜユカイ?って思いましたが、なかなか笑えます。
それからHIROMIX、NIGO、藤原ヒロシが本人役でカメオ出演してます。
あーそんな時代かーって思いますね。


派手な物語ではないので
好き嫌いが分かれそうな映画ですが
心に残る作品です。









[ 2013/06/18 12:51 ] ラブストーリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/18-a1da754c















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。