FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『悪魔の沼』 モーテルは危険がいっぱい!『沼』ってのがシブイ!

eiga015.jpg
『悪魔の沼』
Eaten Alive

監督 トビー・フーパー
アメリカ
1977年
91分


トビー・フーバー監督ハリウッド進出!


超絶名作『悪魔のいけにえ』で御馴染みトビー・フーパー監督作品。
『悪魔のいけにえ』のヒットに続き
ハリウッドに進出した第1作目となるのが
この『悪魔の沼』です。
これがまた…地味ながらもかなり良作!


薄汚いモーテルでの惨劇


家出娘が行く当てもないまま夜道を歩いていますと
大きな沼の横に古いモーテル(とにかく汚い)を発見。
途方に暮れていた娘は一日でもやり過ごそうと宿泊を決意します。
受付にいた管理人ジャッドは、誰がどうも見ても
様子がおかしい男。
sashie028.jpg
躊躇するが他の選択肢があるわけじゃなし、流れに身を任せ部屋へ案内されます。
ところがジャッド、あるきっかけから態度が急変!いきなり襲いかかる!

冒頭はこんな感じです。後々もっと酷い事がおこります。

『悪魔のいけにえ』は、知り合いのいないド田舎で
得体の知れない者に襲われるという恐怖を
ジェットコースターのように描いた大傑作なわけですが
『悪魔の沼』は、キ○ガイ殺人鬼の生態を追い続けているような作品。

例えば殺人を終えて部屋に戻ったジャッドは
椅子に座り、少し何かを考え、立ち上がり
部屋の電気を全てつけてまわり、消してまわり
ブツブツ喋りながらウロウロ…。
そんな彼の意味不明な行動を
まるで天井から覗いているような視点で延々と映し続けます。
素晴らしく不気味な演出です。


予算が増えたもののチープな仕上がり


この映画を『B級』たらしめる最大の原因は
『ほぼセットでの撮影』という事にあるような気がします。
前作のヒット&ハリウッド進出という事もあってか
ある程度まとまったお金が入ったんでしょうね。
残念ながら大枚をはたいて完成させたセットや小道具は作り物丸出し!
ドリフのコント的な仕上がりに哀愁が漂います。
かろうじて悪趣味な照明を使い不気味さを演出したり
突っ込み所の多いキャラが数多く登場しますので
そこそこ楽しめるように仕上がっています。
※褒めてます。こういうツッコミ要素が多い映画は本当に楽しい!


フレディ発見!


この映画には見所がたくさんあるのですが
後に80年代のホラー映画界を代表するキャラクターとなる
フレディ(エルム街の悪夢)で御馴染みロバート・イングランド(若い!)が
チンピラ役で出演しています。
sashie029.png
これがまたカッコイイ!

マイナーな作品ではありますが
なかなかの力作です!
スプラッター映画としては抑え目ですが
ラストへの緊迫した展開はなかなか見ごたえのある映画です。

無駄に怖い仕上がりの予告編!

苦手な方は再生をお控えください。






[ 2013/06/17 00:00 ] ホラー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/16-faf8f13b















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。