スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『バイオハザードV リトリビューション』 ひたすらバトル!物語はついに最終章へ!

eiga013.jpg
『バイオハザードV リトリビューション』
Resident Evil: Retribution

監督 ポール・W・S・アンダーソン
アメリカ
2012年
96分


監督の遊び心炸裂


劇場で観た時は、ようやく公開された事への喜びと
圧倒的な迫力で興奮しまくりでしたが
自宅のテレビで観ると丁寧に作りこまれている事に気がつきました。

まず驚かされたのがオープニング!
前作のラストシーンを逆再生スローで見せるという
大胆不敵な始まり方は斬新!
だって最初にオチを見せちゃうんですから。
期待が高まるオープニングです。

シリーズを重ねるごとにアクションが派手になり
すっかりゾンビ映画ではなくなってしまったのが寂しかったのですが
今回は基本中の基本プロットである
愛し合う二人と可愛い娘の幸せな朝食。
そこへ突然ゾンビ達が侵入!

というベタな内容でゾンビ映画を見せてくれます!
※ちなみにアリスの夢という設定です。
これがなかなか素晴らしく、この夢だけで1本映画にして欲しいです。


今回のテーマは脱出


今回はアンブレラ社が作った実験施設である
壮大なスケールの模型(作り物の街)からの脱出が目的です。
東京、ニューヨーク、モスクワと様々なエリアでのバトルとなり
まさにゲームのような展開に。
東京エリアではついに彼女と激突!
sashie024.jpg
弱いけど!


過去の人気キャラクターが復活!


1~4作目まで見続けてきたファンへのご褒美!
なんと死んだはず過去キャラが涙の復活!
まあ死んだものが生き返るわけもなく
アンブレラ社が作り出したクローンとして登場です。

個人的にはレイン役のミシェル・ロドリゲス
スクリーンに戻ってきてくれて嬉しい!
最終章でも活躍して欲しい!
ちなみに憎きウェスカーも復活しています。
※しかも今回は味方での登場!
昨日の敵は今日の友。
あまりの超絶展開に笑いました。

ジル・バレンタイン役のシエンナ・ギロリーも今作で復帰!
見事なアクションシーンを見せてくれます!!!
sashie025.jpg
あれ?・・・ジルってこんな感じだったっけ?


『超人』から『強い女性』へ アリスの母性


クローン達で作られた疑似世界に入り込んだアリス。
そこでベッキーという一人の少女に出会います。
しかもベッキーはアリスを『ママ』と呼ぶのです。
この擬似社会の中でクローン・アリスはベッキーの母親でした。
だからベッキーはアリスを本物の母親だと思っているというわけです。
この時アリスの中で『この子を守らなくては』という母性がうまれます。

子供を救うシーンはまるでエイリアン2リプリーのようでした。
※エイリアン2そのまんまのような気もしますが。。。

ミラは私生活でもママになりましたし、
今回は『最強超人アリス』ではなく『強い女』といった印象でした。


最終章への序章的作品


前作『バイオハザードIV アフターライフ』が大傑作だった為
その後の展開に期待しすぎたのもありますが
今作は盛りだくさんなわりに
ほとんどがバトルシーンで構成されている為
前作のようなメリハリがなく
やや緊張感にかけるような気がします。
『絶対勝つんだろうなぁ・・・』と思いながら見てますし。
監督のポール・W・S・アンダーソンも『次が最終章だ』言っているように
結末への序章的な映画だったのかもしれません。

ちなみに予告映像で観たシーンがほとんど使われてなかったのですが
あれは最終章で使われるのでしょうか?期待して待ってみましょう。

さあ次がいよいよ最終章!!!!
最後は人類の生き残りをかけた戦争です!





バイオハザードシリーズ 他の作品はこちら
バイオハザード
バイオハザードII アポカリプス
バイオハザードIII
バイオハザードIV アフターライフ






[ 2013/06/15 13:44 ] ホラー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/13-52b7584e















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。