FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』 イタリアンホラーの巨匠ダリオ・アルジェントが満を持して完成させたホラーの古典!支離滅裂!摩訶不思議な110分に君は耐えられるか?

eiga116.jpg
『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』
Dracula 3D



監督 ダリオ・アルジェント

2012年
イタリア・フランス・スペイン(合作)
110分



今日紹介する作品は『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』です。
ダリオ・アルジェント監督といえば『サスペリア』『フェノミナ』など
イタリアンホラーの鬼才であり、レジェンド!
満を持して作り上げたホラーの古典『ドラキュラ』を実写化となったら
観ないわけにはいきません!
しかしながらタイトルに監督名が入っているだけでとてつもなくB級感が。
いい意味でも悪い意味でも『アルジェントらしさ』で押し切る監督なのですが
満を持した割にはとんでもなく見切り発車的ムラが多く
よせばいいのに初の3D作品(英題を見よ!)となっております。
それでもダリオ・アルジェントを愛さずにいられないわけで
いちいち爆笑しながら観ました。

アルジェント的アプローチ満載!吸血鬼は美女が好き!


19世紀末のトランシルバニア。
Dracula01.jpg
パスブルグを訪れた司書のジョナサンは
友人である町長の娘ルーシー(アーシア・アルジェントの紹介によって
街の発展の功労者であるドラキュラ伯爵(トーマス・クレッチマン)の城へ招かれ
膨大な蔵書の目録作りの仕事を任されることになっていた。
Dracula04.jpg
だがそれはジョナサンの妻、ミナ(マルタ・ガスティーニ)を手に入れる為の
吸血鬼ドラキュラの策略であった。
Dracula25.jpg
虎視眈々と彼女を狙うドラキュラであったが
その前に吸血鬼研究者のヴァン・ヘルシング(ルトガー・ハウアー)が立ちはだかる。





いやー。。。
まああらすじを書いてみましたが
文章にするとなかなか古典文学的でいい感じですが
実際に映画で観てみると
本当にどうでもいい話なんですよね(笑)
というのも全然物語が盛り上がらない!

そもそもまともに物語を書くことができる監督ではないのですが
本作『ドラキュラ』も、いつものアルジェント全開で
摩訶不思議&支離滅裂なストーリーと
何をどうしたいのかさっぱり判らない演出が目白押し。
なぜここにこれほど時間をかけるのだ!という無意味な長回しや
嘘でしょ!ってくらいバッサリと編集してしまう手法に
頭がクラクラしっぱなしの110分です。

論理的に語れる監督ではない!理屈じゃないんだ!
彼の奇想天外な発想と芸術性を感じましょう。
近いところだとデヴィッド・リンチもそんな感じですね。
理解しようなんて無駄な努力は捨てましょう。



古典にとらわれすぎたか?不完全燃焼気味の吸血鬼


そもそもドラキュラ伯爵が普通に小奇麗なおっさんなので
Dracula06.jpg
おっさんが人妻を欲しがるだけの物語に見えてしまうという
Dracula12.jpg
なんとも残念な仕上がりなのですが
そこはダリオ・アルジェント。
自己満足の暴力ともいえる独自の世界観で
観る者を驚愕させます。(ポカンと)

大胆なCGを導入したアルジェント御大ですが
これがまた『何年前の手法だよ!』というチープなもので(笑)
ドラキュラ伯爵はさまざまな生き物に変身することができるのですが
なんと巨大な昆虫に化けてくるとは思いませんでした。
この映画を観た皆様は、このシーンで全てを悟ったはずです。
『あー、もう吸血鬼じゃなくてもいいんだ』と。
発想的には非常に斬新ですが、吸血鬼の見せ場を犠牲にしています。
もういいんです。それで。アルジェントならば。
まともな監督じゃないんですから。

とは言え。。。だったらもっと大暴れして欲しかったなーという
不完全燃焼な作品になってしまいました。


さて、残り30分といった時間になり(物語は全然進んでません)
ようやくルトガー・ハウアー登場!
Dracula13.jpg
吸血鬼ハンター、ヴァン・ヘルシング役です!

もういい!
早くドラキュラを退治してくれ!

心からそう願い、彼の活躍に期待していたのですが。。。

お前本当に吸血鬼退治したことあるの?ってくらい使えない!
Dracula14.jpg
つーか初戦で十字架忘れるかね!君ィィ!
カバンに入ってたじゃん!
Dracula15.jpg
そこらへんに落ちてた棒を重ねて
『十字架だ!』って…
Dracula16.jpg
ほら怒られた!(ちなみにアルジェントの娘です)効かねーって!
Dracula17.jpg
っざっけんな!とばかりに、まさかの前蹴り(笑)


あーこれも定番
Dracula21.jpg
銀の銃弾ね。。。
やっぱ吸血鬼退治の定番アイテムですから
(ちなみに留守の鍛冶屋で勝手に作ってます)

ん?
Dracula22.jpg
何かをすり潰してるけど・・・
Dracula23.jpg
ひょっとしてニンニクですか?
本当に効くんですか?
っていうかこの時代にメスシリンダーあったの?
Dracula24.jpg
あーもう作りながら食べちゃってるし。


この映画で一番頑張っていたのは
脇役タニアです。

2011年『妹の誘惑』という映画で注目された
ミリアム・ジョヴァネッリが演じているのですが
それはもう素晴らしい存在感!
というか話がグダグダすぎてタニアしか観てなかった(笑)
初っぱなから大胆な濡れ場で登場し
あっという間にドラキュラの餌食になります。
Dracula03.jpg
ヴァンパイアになってからドラキュラ伯爵と同棲中。
Dracula08.jpg
節操がないスケベな女の子って雰囲気がいいですね。
Dracula05.jpg
イケメン大好き。近い!
Dracula07.jpg
近いよ!(笑)
Dracula09.jpg
脱ぎたがる!

タニアはルトガー・ハウアーにも真っ向勝負!
Dracula20.jpg
偶然十字架を持っていたルトガー・ハウアーに負けます。
Dracula19.jpg
秒殺。。。
Dracula18.jpg
タニア。。。面白かったよタニア。。。




なんだかんだ書いてきましたが
観終わった感想としましては
『観ておいてよかった!』です(笑)

ダリオ・アルジェントという鬼畜監督が
古典文学ホラーを描くとこうなりました!という
アルジェントらしさ溢れる迷作といった感じでしょうか。

70歳を過ぎても、創作意欲の衰えないアルジェント。
ぶっちぎりで現役宣言している作品です。
アルジェントファンには超絶おすすめですが
初心者には。。。です。

そういえば大名作『サスペリア』『サスペリアPART2』の記事書いてませんね!
ドラキュラなんて書いている場合じゃなかった!





[ 2014/10/27 21:05 ] ホラー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/117-0544a8b4















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。