スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ひなぎく』 女の子映画の決定版!自由への暴走!カワイイは正義か?チェコ・ヌーヴェルヴァーグの代表作

eiga112.gif
『ひなぎく』
Daisies
Sedmikra'sky



監督 ヴェラ・ヒティロヴァ

1966年
チェコスロヴァキア
75分



今回紹介する作品は『ひなぎく』です。
ミニシアターで上映していたので観に行ってきました。
この作品は1966年製作のチェコ映画なのですが
暴力的なほどカラフルなビジュアルと
支離滅裂なストーリーもあってか
一部ではカルト的な人気があります。
カワイイ映像、ファッション、メイクは今見ても新鮮で
伝説の女の子映画と呼ばれている作品です。
コメントを寄せているのが小泉今日子、カヒミ・カリィ
野宮 真貴(ピチカート・ファイヴ)岡崎京子(漫画家)など
いわゆる『女』というジャンルで成功している著名人。

しかしこの作品・・・
『カワイイ!』だけじゃ済まされない
一筋縄ではいかない映画です!


自由への暴走!カワイイは正義か?チェコ・ヌーヴェルヴァーグの代表作


えー、今回はあらすじを省略して書きたいと思います。
というのも『物語』として必要なものが
あまりに欠落している為(笑)
随所に見られるイメージ映像や
不可思議な言動、行動を
一つの文章に書き出すのは至難の業!

簡単に説明すると

自由奔放な女の子二人が
ありとあらゆるハチャメチャを繰り広げ
最終的にどうなっちゃうの?
という作品です。

hinagiku03.jpg

さてさて映画の感想。

問答無用のカワイイの嵐!
カワイイは正義!
だから女の子は最強!


しかし
これは一体。。。
なんなのだろう?(笑)

キラキラした映像が素敵!
会話がキュート!
髪型やファッションがカワイイ!

といった印象の作品なので
会場には服飾系の学校に通ってそうな女子がチラホラ。
しかし終わってみると寝ている子が(笑)

hinagiku11.jpg

そうなんです。。。この作品。。。
物語が超絶に難解なのです。
75分間、ずーっと意味不明!
カワイイ!だけを期待して観に来た人にはそこそこ辛い(笑)
映画をアートとして楽しめる感覚と
物語をある程度深読みする感覚が必要なのだと思います。
sashie176.jpg


華やかな映画の根底にある『冷戦時代』の重苦しさ


この映画の根底には『戦争』があり
映画が作られた1960年代はまさに冷戦の時代。
当時のチェコはソビエトの圧力を強く受けており
社会主義体制を敷かれていました。

以前紹介した『存在の耐えられない軽さ』では
1968年に起こった『プラハの春』を描いています。
『プラハの春』とは自由を求めるチェコスロバキアと
共産主義ガチガチのソ連が衝突して
結果、ソ連軍により弾圧されたという事件。
といってもこの作品は戦争映画ではなく
その時代を生きた人々の『ラブストーリー』。

そしてこの『ひなぎく』
1966年に国内で一旦公開された後、すぐに上映処分を受けました。
それだけでなく、監督のヒティロヴァは政治的検閲によって
映画制作を禁止されてしまったのです。
『え?なんで?こんなにカワイイ映画なのに?』と思うかもしれませんが
物語を深読みする事で、弾圧するソ連への批判や
その社会で生きているチェコの人々の自由への欲求を感じる事ができます。
そもそも映画の冒頭が爆撃機の映像ですから。


マリエ姉妹(姉妹かどうかは不明)が自由奔放にスクリーンではしゃぎ
お腹がすいたら男をたぶらかして飯をおごらせ
欲のままに手づかみでケーキを食べまくり
お酒をガブ飲みして大騒ぎする姿は
世界への反乱のようでもあり
存在自体が『自由』の象徴のように感じられます。

hinagiku06.jpeg

そしてその『自由』にも限界があり
人間でいる以上、社会に順応する事が必要であるという
『自由という名の苦痛』も描いている事に気付かされます。

hinagiku04.jpg

不思議な響きのあるチェコ語で繰り広げられる
彼女たちの不可思議な会話にもそれは見え隠れします。

「誰も私たちに気がつかないわ」
「私たちはいないのかしら?」


自由そのものが否定されていた時代です。
彼女たちこそ『自由』の象徴なので
街の人々は彼女たちの存在を感じていないという事は
『この街には自由を感じれる人はいない』という事なのかもしれません。

そして突然に詩的な言葉

『匂う。通り過ぎる人生の匂い』

自由の素晴らしさをカラダいっぱいで表現する彼女たちですが
ふとした瞬間に感じた明日という未来への不安。
言葉のチョイスはこの映画の魅力でもあります。

hinagiku01.jpg

関係ありませんが『ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、私たちはダメ人間』ってセリフで
筋肉少女帯の『踊るダメ人間』を思い出しました(笑)

そして映画を締めくくる言葉

踏みにじられたサラダだけを
可愛そうと思わない人にこの映画を捧げる


この言葉には一体どのような思いが込められているのか?
オシャレ映画の定番となっている本作ですが
決して『カワイイ!』だけじゃない深さがあります。
機会があったら是非ご鑑賞を。








[ 2014/08/03 15:35 ] カルト | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/113-edaa8a02















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。