スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『エンゼル・ハート』 極上の脚本で魅せるオカルトミステリー!ミッキー・ロークの魅力が炸裂!悪魔の罠に君は耐えられるか?

eiga108.jpg
エンゼル・ハート
Angel Heart

監督  アラン・パーカー

1987年
アメリカ
113分


今回紹介する映画は『エンゼル・ハート』です。
原作はウィリアム・ヒョーツバーグ『堕ちる天使』という作品。
オカルト要素のあるサスペンスという感じでしょうか。
ホラーっぽさもあったりとなかなかジャンル分けの難しい作品です。
本作はミッキー・ロークが主演。
個人的にはこの映画の印象が一番強い俳優です。
ロバート・デ・ニーロが出演しているというのも豪華!


何気ない依頼のはずだった… 悪魔の手に引きずり込まれていく


ブルックリンの私立探偵ハリーは謎めいた紳士サイファーから
10年前に失踪した歌手のジョニーという男を探して欲しいと依頼される。
ジョニーは戦争に従軍後、精神を病んで精神病院に収容されているはずであった。
ハリーは病院を訪れ、カルテを見せてもらうのだがそこには退院したとの記載が。
カルテに署名した医師を訪ねるとその医師は麻薬中毒であり
まともに話せる状態ではなかった。
少し時間をおいて再び医師を訪ねたハリーが目にしたのは
無残にも殺害された医師の死体だった。
これが全ての始まりでありハリーが行く先々で殺人事件が起こる事になる。




これは良くできた映画。。。
いやーこんなに雰囲気のある映画だったっけ??
観終わってからしばらく不気味な余韻に浸りました。
絶望的な物語ですが、その黒い魅力から目が離せない感じ。
そしてこの映画に漂う血の匂い!
踏み入れてはいけない領域に引きずり込まれていく主人公
そして何よりも衝撃的な結末。。。(ネタバレなので書けませんが)
今となってはこの手の結末の作品が増えてきましたが
『エンゼル・ハート』が元祖と言ってもいいのでは?
1987年の作品とは思えない鮮烈なストーリーです。
悪魔信仰という存在を世界に知らしめた作品でもありますね。
この映画の魅力は新しい『悪魔』の表現方法を魅せてくれるところ。


ハリーエンゼルを演じるミッキー・ロークの魅力が爆発!
angelheart10.jpg
殺人事件の連鎖、謎が深まっていく度に
どんどん不安が膨れ上がっていくハリーを見事に演じています。
ミッキー・ロークの魅力は、ややくたびれた感のある美しさ!
時には少年のように見えたり、ものすごく男らしかったり。
angelheart01.png
やさぐれた雰囲気は他の俳優には出せない色気です。
この映画のミッキー・ロークの印象が一番強いんですよね。
sashie172.jpg



底知れぬ不気味さを持つ依頼主サイファー。
angelheart02.jpg
このデ・ニーロがいい仕事してるんですよね(笑)
すげー気持ち悪い!
長い爪でゆで卵を食べるシーンですらこの不気味さ。
うわぁ~…ってなります。

ちなみに本作でロバート・デ・ニーロが身に着けているリングは
『エンジェルハートリング』として人気があります。
これはアレックスストリーターというブランドが制作したもので
ハンドメイド感溢れる幻想的なデザインは映画業界だけに止まらず
音楽やファッション業界にも話題を呼び、
マリリンマンソンマドンナ、 アクセル・ローズ、
日本ではL'Arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)hydeなど、
ミュージシャンが愛用していることでも有名。
angelheart09.jpg
たしかにカッコイイ!


出番は少ないのですがシャーロット・ランプリングが出ています。
angelheart06.jpg
イタリア映画『愛の嵐』で見せた
上半身裸にサスペンダーでナチ帽という強烈なビジュアルはあまりに有名。
angelheart04.jpg
ジョニーの元恋人であり、占い師という役なのですが
とても冷ややかで陰鬱な眼差しはなかなかのインパクト。
本作はどうしてもネタバレしたくないのでもどかしいのですが
この映画で一番可哀想なのは彼女かもしれません。
最後まで観てから彼女の人生に注目してみてください。

エピファニー(リサ・ボネ)の幼いくせに
ネットリとした目でハリーを見る感じもいいですね。
angelheart03.jpeg
ミッキー・ロークのやさぐれた色気もそうですが
この映画には独特のエロさがあります。



映画を盛り上げるイメージカットも素晴らしいの一言!


やたらと換気扇が映し出されるのですが
これはハリーの心理状態を示す重要な映像です。
angelheart07.jpg
他にも古いエレベーターの不気味な音
コントラスト強めの光と影
angelheart08.jpg
血みどろの壁をタワシでこする女
顔のない兵士
水溜りを跳ねる男の子の足元
ニューオリンズのじめっとした暑さを感じさせる汗
そして何よりも血!血!血!
クライマックスでは2トンもの牛の血が天井から降るという
衝撃的な演出で世界を驚かせました。

意味のない映像かと思いきや
伏線がところどころに散りばめられているので
何度か観返す事で気づく事がいくつかあるのも本作の魅力。

いやー『エンゼル・ハート』…久しぶりに観たので
イマイチ盛り上がれなかったらどうしようと思っていましたが
もう見事に気持ちを持って行かれました。
謎が謎を呼ぶ不気味なサスペンスの名作!





[ 2014/05/26 21:15 ] サスペンス | TB(0) | CM(6)

謎のまま

これは、オンタイムで観たのですが、
いまだに腑に落ちない作品です。
いや、おもしろくないという意味じゃないんですよ。
映像美といい、不気味な空気といい、すごいテイストだと思います。
でも、何を言いたいのかわからなかったんです。
んー、何も言うことはないのかあ。
もいちど観てみたくなりました。
そうそう、換気扇がくるくる回っているのがコワイんですよね。
[ 2014/05/30 23:26 ] [ 編集 ]

Re: 謎のまま

つかりこさんコメントありがとうございます!

> これは、オンタイムで観たのですが、
> いまだに腑に落ちない作品です。

凄く話題になった作品ですよね!
いい意味でも悪い悪い意味でも(笑)
当時テレビでも何度も放送されていましたし。
その当時は意味というよりは
雰囲気にのめり込んでいたような気がします。
だからこそ再度観てみようと思った感じですね。

> いや、おもしろくないという意味じゃないんですよ。
> 映像美といい、不気味な空気といい、すごいテイストだと思います。

凄くわかります!これって脚本が前のめりな感じで
着地点(ラストシーン)の意味を深読みできないんですよね。

> でも、何を言いたいのかわからなかったんです。
> んー、何も言うことはないのかあ。

僕は何回か観てからブログを書きました。
ミッキーローク演じる男の波乱万丈な人生を感じる事で
見え方が変わっていきますよ。

> もいちど観てみたくなりました。

そう言ってもらえるのが一番嬉しい!

> そうそう、換気扇がくるくる回っているのがコワイんですよね。

ハリー・エンゼルの最後の記憶と換気扇がつながるんです。
頭の中でそのパズルが組み合わさった瞬間に『あ!』っていう驚きがあります。
誰にでもおすすめできる作品ではないのですが(笑)
[ 2014/05/30 23:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/10/08 17:21 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

masatoさんコメントありがとうございます!
前回は非公開コメントだったのに普通に返信しちゃって(笑)ごめんなさい。。

ジェイコブス・ラダーは11月5日にブルーレイ化されるみたいですね!
この作品、存在は知っているのですが、まだ観ていないんですよねー。
僕は映画の大ファンですが、案外穴だらけのファンなんですよ(笑)
masatoさんのオススメという事であれば観ないわけにはいきませんね!

当時『エンゼル・ハート』は何度も何度もテレビで放送されていて
なんのこっちゃわからないまま観ていました。
ちゃんと観てみるとなかなかエグい内容。
今となってはあきりたりな内容かもしれませんが
当時はそうとうセンセーショナルだったんです。
機会があったら観てみてくださいね。
いつもコメントありがとうございます。
[ 2014/10/08 19:18 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/11/23 12:43 ] [ 編集 ]

Re: なるほど…

masatoさんご無沙汰です!

ようやくジェイコブス・ラダーを鑑賞しました。
期待どーり素晴らしい作品でしたー!
[ 2014/11/29 18:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/108-8536b0b6















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。