スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『小さな恋のメロディ』 甘酸っぱい恋物語?とんでもない!これは子供と大人の戦い!フラストレーションが爆発の青春映画!

eiga106.jpg
小さな恋のメロディ
Melody



監督 ワリス・フセイン

1971年
イギリス
103分




今日紹介する映画は『小さな恋のメロディ』です。
『ミッドナイト・エクスプレス』『エンゼル・ハート』の監督として有名な
アラン・パーカーが脚本。彼の処女作です。
イギリス・アメリカではそれほどヒットしなかったのですが
日本ではテレビで何度も放映されるほど人気が高かった映画です。
ちなみに杉田かおるが声優やってるんですよね。
DVDの特典としてテレビ放映版が収録されているのが嬉しい!

この映画が好きって人、結構いるんです。
ブランキー・ジェット・シティというバンドに
『小さな恋のメロディ』というタイトルの曲があります。

 小さな恋のメロディという映画を
 観たことがないなら早く観たほうがいいぜ


という歌詞が印象的。

ちなみに筋肉少女帯にも『小さな恋のメロディ』という曲が。

 あたし今日ね昔の映画を見たの
 『小さな恋のメロディ』よ

さてこの映画・・・
DVDを購入後しばらくほったらかしにしていました(笑)
『大人はわかってくれない!』的な思春期丸出しの映画かな?と
勝手に思い込み、なんとなく後回しにしていました。

いざ観てみると…
とんでもない映画ですよこれ!


『ずっと一緒にいたい』だから僕たちは結婚する!



気が弱く大人しい11歳のダニエルは
親友の不良少年トムとともに
女子生徒がバレエの練習をしているのをのぞき見する。
その中に素敵な女の子を発見し、ダニエルは魅せられてしまう。
その子の名前はメロディ。

寝ても覚めてもメロディを思う日々のダニエル
メロディも友達からダニエルの恋心を知ら され
次第にダニエルの優しさに魅かれていった。
Melody12.jpg

宿題を忘れたダニエルとトムは放課後先生からお尻をしたたか殴られるが
泣き顔で先生の部屋から出てきたダニエルをメロディが待っていた。
トムは友人をとられた嫉妬を感じ、引き止めようとするが
ダニエルとメロディは駆け出して行った。
Melody11.jpg
二人は相思相愛となり『結婚』をしようと決意する。



この映画は単なる恋愛映画ではありません!
切ないとか甘酸っぱいなんて言葉では済まされない
子供の自由さに
圧倒されっぱなしの103分!


子供たちの汚れをしらない純粋で無垢な心
それゆえに信じられないほど突飛な行動と
何も知らないとはいえあまりに非現実的な言動が炸裂!

金魚欲しさに親の私物を売り飛ばす!
Melody03.jpg
だってしょうがない。
金魚が欲しいんだから!
子供にモラルは通用しない!

父親が読んでいる新聞に放火!
Melody02.jpg
意味なんかない!
だって試してみたかったから!
ちなみにこの直後、ポルノ雜誌を見ながら模写をしてるのがバレ
ママに破かれてしまいます(笑)

ひたすら爆弾作りに情熱を燃やす子供!
Melody04.jpg
テロリストかよ!
子供って意味のない事に夢中になるもので
私も幼い頃なんの知識もないまま『猛毒』を作ろうと
空き瓶にただひたすらヤバそうなものを入れまくるという
無意味な研究に没頭していました。
すぐに飽きましたけど。

相思相愛を確信!即結婚!
Melody13.jpg
もう誰も二人を止められない!
以前紹介したウェス・アンダーソン『ムーンライズ・キングダム』
本作からの影響強く感じさせます。
影響…っていうかそのまんまだけど!

本作は数え切れない程の映画に影響を与えていますね。
『ぼくのエリ 200歳の少女』なんてモロですが
エヴァとかもそうなんじゃないかな?
音楽室でのチェロのシーンとか。
Melody09.jpg



主役のダニエルマーク・レスター
Melody01.jpg

メロディトレイシー・ハイドが演じています。
Melody10.jpg
二人とも可愛い!
マーク・レスターは既に人気者の子役で
トレイシー・ハイドはオーディションから選ばれたそう。
この映画のヒットで日本では凄まじい人気者になったそうです。
トレイシーの大きな瞳がガチャピンぽくていい。



メロディとダニエルの可愛らしさは勿論素晴らしいのですが
ダニエルの親友、トムを演じたジャック・ワイルドが良い!
貧乏で、やや不良少年っぽいトムですが
ダニエルとの友情、喧嘩、そしてラストの優しさ!

印象的なシーンがあります。
中流家庭のダニエルと貧乏なトムは大親友なのですが
二人は学校帰りに一時間だけという約束で街に遊びに行きます。
Melody05.jpg
散々遊んだ後、ダニエルは当たり前のようにタクシーをとめ
颯爽と乗り込むのですが
おい!タクシーって凄く金がかかるんだよ!とトムは驚きます。

『おやつを食べたら映画に行こうよ!
君の分の払ってあげる』
というダニエルに対し
『人の金で観たって面白くないよ!』と帰ろうとするトム。
Melody06.jpg
しかしすぐに『本当は観たくないわけじゃないんだ…』と告白。
嫉妬に感情的になってしまった自分を恥じて
素直に謝るトム…うー…なんか泣ける!
貧乏人には貧乏人なりのプライドってものがあるんですよね。
こんな幼い頃でも。
こういう細かい心理描写が上手いなーって思います。
sashie171.jpg


映画を盛り上げる音楽 いまだに売れ続けるモンスターアルバム


この映画を語る上でサントラを紹介しないわけにはいきません!
映画史上最高のサントラという意見もある名盤!
日本ではいまだに売れているという驚異のサントラです。

「メロディ・フェア」
「若葉のころ」
「イン・ザ・モーニング」
等のビー・ジーズのヒット曲や、
クロスビー,スティルス,ナッシュ&ヤング「ティーチ・ユア・チルドレン」
数々の名曲を収録しています。
もう聴いているだけで…甘酸っぱモードです。

しかしながら見事としか言いようがないほど
映画とマッチしているサウンド!
この映画を観たら絶対に欲しくなるはず!
サントラ&セルDVDは揃えて買ってほしい!
きっと宝物になるはず。



子供はどうして結婚できないの?大人の理屈は通用しない!


ダニエルとメロディの会話が胸に突き刺さります。

メロディ 『50年も私を愛せる?』
ダニエル 『もちろん。だってもう一週間も愛してる』


映画史に残る名台詞!

ダニエルとメロディの『結婚したい』宣言に対し大人たちは苦笑い。
『もう少し大人にならないとね』
『大人には色々しきたりみたいなものがあって』
『今は無理だよ』

しかし二人は納得できません。
何故?何故ダメなの?
好きな人とずっと一緒にいたい
それが結婚でしょ?

それに対して正しい反論ができない大人たち。
この映画の核となっているのはここですね。
大人が作り上げた常識を全て吹っ飛ばして
『結婚します!』と宣言する二人の美しさ!

なんか面倒くさい事言ってますけど
そういうの僕たち結構ですから。
すぐに結婚しますから。


この真っ直ぐな発想!子供って怖い!

最初は冷やかしていた同級生たちも
やがて二人の本気度に共鳴して
子供たちだけで結婚式を挙げてしまいます。
当然大人たちが許すわけがありません。
結婚式を全力で阻止しようとします。
ついに大人政府と子供革命軍との戦いが勃発!
そしてやたら呑気なBGM!凄いバランス感覚(笑)

そして…ここで爆弾魔の子供が効いてきます!
Melody14.jpg
点火!そして投げる!
Melody15.jpg
マジかよ!
Melody16.jpg
オープンカーを木っ端微塵に爆破!

このシーンで思わず爆笑してしまいました。
うーん爽快!って言うか何なんだこの映画は(笑)
メッセージ性はなく、心に残るモノもなく
ただひたすらに眩しい!
時代を超えて光り輝くおとぎ話です。
ラストシーンは意味ありげですが
投げっぱなしな感じも青春という事で。

甘酸っぱいラブストーリーだと思ったら大間違い。
二人の恋はきっかけにすぎません。
大人に対するフラストレーションを爆発させる子供たち。
これはまさしく青春映画。









[ 2014/05/01 00:26 ] 青春 | TB(0) | CM(10)

ジャック・ワイルド良かったんだけど、この時期以降伸び悩んじゃったのが残念です。もう亡くなっちゃってるんですね。
ぼくは名画座で観ました。
当時小さな恋のメロディとロミオとジュリエットが黄金のカップリングで、たしかよくこの組合せでやってました(笑
またビー・ジーズの歌がよかったですね。
[ 2014/05/01 12:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

暗ヲさんコメントありがとうございます!

> ジャック・ワイルド良かったんだけど、この時期以降伸び悩んじゃったのが残念です。もう亡くなっちゃってるんですね。

そうなんですよねー。凄い存在感のある演技だと思うのですが
子役が成功するというのは本当に難しい事なんですね。
本作でのロックっぽい風貌がまた可愛らしいんですよね!

> ぼくは名画座で観ました。
> 当時小さな恋のメロディとロミオとジュリエットが黄金のカップリングで、たしかよくこの組合せでやってました(笑

うわー!すごい組み合わせですね!
オリビア・ハッセーがジュリエットやってるやつですよね?
凄まじきデート向きな同時上映ですねー(笑)

> またビー・ジーズの歌がよかったですね。

そうなんですよね!
ビージーズってそれほど通っていなかったんですけど
本作の映像との融合度は素晴らしいですねー。
映画が終わっても頭の中で曲がなっている感じ。
[ 2014/05/01 19:15 ] [ 編集 ]

ジャック・ワイルドは、この時19才

イェーッ、出ましたあ!!

この映画、実は大好きな1本なんです。
子供の頃に劇場でオンタイムで観てから、
もう、ビデオテープ、テレビ、DVDで何十回観たかわかんないです。

そうそう、年齢が子供なだけで、リッパな青春映画なんですよね。
「大人の言うことなんか、聞いてらんない!」って感じ。
とにかく、いま観ても胸がウキウキする作品です。

僕も以前、↓記事にしたことがあります。
よかったら、遊びにきてください。
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/blog-entry-58.html
[ 2014/05/02 01:27 ] [ 編集 ]

Re: ジャック・ワイルドは、この時19才

つかりこさんコメントありがとうございます!

> イェーッ、出ましたあ!!
> この映画、実は大好きな1本なんです。
> 子供の頃に劇場でオンタイムで観てから、
> もう、ビデオテープ、テレビ、DVDで何十回観たかわかんないです。

この作品を好きになると何度も何度も観てしまうという魔法にかかりますよね!
恥ずかしながら最近初めて観たので
とても新鮮な気持ちでレビューを書きました。

> そうそう、年齢が子供なだけで、リッパな青春映画なんですよね。
> 「大人の言うことなんか、聞いてらんない!」って感じ。
> とにかく、いま観ても胸がウキウキする作品です。

この映画を『甘酸っぱくて胸が苦しくなる!』みたいに言う人もいますが
どちらかといえば子供が大人を負かす痛快な青春映画なのでは?と思います。
もちろん二人の恋の物語はとても瑞々しいんですけどね(笑)

> 僕も以前、↓記事にしたことがあります。
> よかったら、遊びにきてください。
> http://yurayuragusa.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

早速拝見しました!
一緒にいる事そのものがピークであり
まさに『純愛』としか言いようがない作品ですね。
素晴らしいレビューでした。
画像のチョイスも素晴らしい!
[ 2014/05/02 21:35 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/10/12 22:51 ] [ 編集 ]

Re: 今日、BS日テレで見ました

ysさんコメントありがとうございます!
小さな恋のメロディのアクセス数が凄い事になってて
放送したのかなー?って思ってました。
僕のブログにたどり着いてくれたんですねー。嬉しいな。
またブログに遊びに来てくださいねー!
[ 2014/10/14 20:51 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/09/01 22:18 ] [ 編集 ]

Re: たどり着きました

猛毒作り仲間がいるとは(笑)
子供って本当にアホですよねー。
思い出すだけで笑えます。
[ 2016/09/22 16:31 ] [ 編集 ]

PG-12?

久しぶりにスカパーで見たら、PG-12指定だった。今だと勘違いしちゃう子供がいるのかなあ。
イギリスって体罰が容認されてるんだなあって当時もびっくりしたのを覚えている。
[ 2016/10/02 10:54 ] [ 編集 ]

Re: PG-12?

コメントありがとうございます!

> 久しぶりにスカパーで見たら、PG-12指定だった。今だと勘違いしちゃう子供がいるのかなあ。

驚きました!PG-12指定作品だったんですね。。。
そんなに過激なシーンあるかなぁ?ちょっと過剰じゃないかしら。。。

> イギリスって体罰が容認されてるんだなあって当時もびっくりしたのを覚えている。

異文化というか、日本じゃタブーな事が当たり前に繰り広げられるのも
映画の面白さだと思います。
こんな事ゆるされねーだろ!なんてツッコミを入れながら
ダラダラ感想を書いてますのでまた遊びに来てくださいね!
[ 2016/10/03 00:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviestar1.blog.fc2.com/tb.php/106-94369f84















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。