スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ヒッチャー』 ルトガー・ハウアーの狂気を見よ!ヒッチハイクから始まる究極の不条理!サイコサスペンスの大傑作!

eiga112.jpg
『ヒッチャー』
The Hitcher


1986年
アメリカ
97分



今回紹介する映画は『ヒッチャー』です。
ジャンルはサイコサスペンス、ホラーといった感じ。
脚本やプロットは超B級なのですが
ところがどっこい超必見の作品となっております。
なんといってもルトガー・ハウアーの狂気!
ストーリーなんてどうでもよくなります(笑)


ヒッチハイクから始まる究極の不条理!逃げて!逃げて!


激しい雨の降る夜、砂漠地帯のフリーウエイ。
車の長距離陸送をしていた青年ジム・ハルジーは
暗闇に立つ一人のヒッチハイカーを拾う。
ズブ濡れのその男の名はジョン・ライダー。
Hitcher04.jpg
世間話を始めた二人。
突如ライダーが自分は殺人鬼だという驚きの告白をする。
さらに飛び出しナイフを取り出し
『僕は死にたいと言え』とジムを脅し始めた。
運転中の恐怖の密室空間。

隙を見てライダーを車から叩き出すことに成功したジムだったが
翌朝、ライダーを乗せた家族連れのワゴン車が自分を追い越して行くのを見る。
停車したワゴンに追いついて中をのぞくと
家族連れは一人残らず惨殺されていた…。

その後も執拗にジムにつきまとうライダー
やがて警察はジムを殺人犯と思い込み
ジムはライダーだけでなく警察からも追われる事になる。

ライダーの真の目的とは?
ジムは無事に逃げ切れるのか?




最 高 !
これこそサイコサスペンス!
スピルバーグ『激突!』を彷彿させる(というか真似)
粘着質な殺人鬼の執拗な追い詰め方!
全くもって不条理な展開!
容赦のないバイオレンス&アクション!
そして…名作とは言い難い完成度(笑)
ルトガー・ハウアーを起用した事で
狂気に満ちたカルトホラーになっております。
Hitcher03.jpg
『ブレードランナー』のレプリカントを演じた時も
血の通っていない冷血で残酷な無表情が鳥肌ものでしたが
今回演じるジョン・ライダーは、さらに頭がおかしいという
もう手に負えないルトガー・ハウアーを見る事ができます。
ルトガー・ハウアーじゃなかったらどうなってたんでしょう。
もう彼の映画といっていいほど。
ぶっちぎりに怖いので最後までゾクゾクしっぱなしでした。


護送車で移動中。なんなく警官を皆殺しにして・・・え?嘘!
Hitcher11.jpg

主人公ジムの運転する車にダイブ!
Hitcher12.jpg

捨て身!命懸け!怖い!
Hitcher13.jpg

そして助手席に座って『よう』って・・・ 慌ててブレーキを踏むジム!
Hitcher14.jpg

飛んだ!車に滞在した時間10秒ほど!
Hitcher15.jpg
このテンポの良さに拍手!



いまいち印象が薄い主役はこちら
ジム役のC・トーマス・ハウエル。
Hitcher02.jpg
酷い目に合うバイトの兄ちゃんって感じから
追い詰められて行くほどに男らしく
魅力的になっていくのが不思議。
おそらくそういう演出なんでしょう。

他にどんな映画出てるのかな?と調べてみたところ
デビュー作が『E.T.』とありました。
えー!うそー!どこにいる?と確認しました。
Hitcher01.jpg
たぶんこの子です。
それどころかコッポラ監督の『アウトサイダー』の主役!
あれ!結構有名な人??

頭のおかしい奴に追われています!助けて!と通報。
Hitcher06.jpg
え?待って!俺じゃないって!




さらに影が薄いヒロイン・ナッシュは
ジェニファー・ジェイソン・リー。
Hitcher05.jpg
子供の頃から端役で映画に出ている大ベテラン。
スマッシュヒットした『バックドラフト』に出てましたね。
Hitcher16.jpg
今回はカフェで働くイモねーちゃん役。
ポジション的に主役と恋に落ちてもいい感じですが
そういう展開は特に用意されておらず
いつの間にか一緒に追われる身になるという
なんとも無駄のない素晴らしい脚本。

逃げ切ったー・・・とウトウトしてたら添い寝!逃げて!
Hitcher10.jpg
やっぱ逃げ切れませんでした。



この手の作品ってまるで興味のない犯人の生い立ち
ヒューマニズムとか恋愛要素
監督の哲学みたいな蛇足がつきものですが
本作にはそういった無駄が全くありません。!
余計な事はしない!これが一番!
sashie175.jpg

『見せない』ことで『魅せる』上手さ


この映画の素晴らしさは残酷な物語であるにも関わらず
あえて死体や残酷なシーンを映像化していない事。
それがかえって想像力を掻き立てられ
ジョン・ライダーの不気味さが引き立っています。
以前紹介した『悪魔のいけにえ』もまさにこのパターンで
低予算ゆえの苦肉の策(血ノリが買えないから)として
残酷描写を撮影しなかった事が逆に作用して
見事に恐怖を倍増させていました。

ワゴン車の中で家族が皆殺しになっているシーンも
死体を直接写すのではなく
血がポタリポタりと落ちるのを映し出した後
車をのぞいたジムの反応を見せるという手法は
これから起こるであろう恐怖へのカンフル剤になっています。

本作がデビュー作となる監督ロバート・ハーモン。
不条理で奥行のない脚本ですが(言いすぎかな?)
ルトガーの存在感と、見せ方の工夫で
他のB級映画とは一線を画する傑作になっています。
ちなみに撮影前のジョン・ライダーのイメージは
ローリング・ストーンズのキース・リチャーズだったそうです。
やさぐれたアウトローって感じでしょうか?
それはそれで面白そうですが
本作はルトガー・ハウアーの狂人的演技をチョイスして大正解でしたね。

砂漠の幽霊は死に場所を求めていたのか?


砂漠に突如現れた狂人。
ジョン・ライダーと名乗りますが
おそらく偽名でしょう。
そのミステリアスな存在はまるで砂漠の幽霊。
なぜジョン・ライダーはジムを追い掛け回すのか?
これが本作一番の謎なのではないでしょうか。
例えばこんなのはどうでしょうか?

殺人鬼としての人格がエスカレートしてしまい
やがて怪物になってしまったジョン・ライダー。
そんな自分に嫌気がさしていた時
一人のさえない青年に一杯食わされてしまった。

『小僧 やるじゃねぇか』

ここでジョン・ライダーの中に一つのアイデアが浮かびます。

彼をとことん追い詰めて
俺を躊躇なく殺せる一人前の男にしてやろう。
これは俺とお前との戦いだ。
俺を止めてみろ。


・・・とこんな感じなのかな?ほぼ憶測ですが。

でもまあジムにしてみりゃそんなの知ったこっちゃないわけです。
そりゃそうです。なんなんだよこのオッサン!ってやつです。
自分の身に何が起こっているのかも理解できないまま
逃げないと殺されるという恐怖。この不条理!
『なぜ俺につきまとうんだ?』への回答が
『自分で考えな』ですから。

誰も助けてくれないという極限状態の中
主人公ジムの中で何かが壊れ
『俺が終わらせなくては』という感情が芽生えます。
これはある意味『男』の成長を描いた物語です。
・・・いや多分偶然ですけど。

ちなみにリメイク版があるのですが(主役が女に変更されています)
これまた酷い評判。まだ観ていないのですが、観るのが怖い。
とりあえずはオリジナル『ヒッチャー』をお楽しみください。







スポンサーサイト
[ 2014/07/21 18:32 ] サスペンス | TB(1) | CM(2)

『1999年の夏休み』 押井守が驚いた金子修介監督作品!原作はなんと萩尾望都のトーマの心臓!そして何気に深津絵里のデビュー作!

eiga111.jpg
1999年の夏休み
Summer Vacation1999

監督 金子修介
1988年
日本
90分


今回紹介する『1999年の夏休み』
萩尾望都の大傑作『トーマの心臓』を原案にした
金子修介監督の青春映画です。
原作ではドイツの全寮制学院が舞台でしたが
本作では近未来(時代の特定は無し)を舞台に
少女が少年を演じるという大胆なアレンジ!
もはや原作とは言えないのかも(笑)

東京学芸大学の直接の先輩にあたる押井守が監督に
「決定版みたいなのをこんなに早くつくっちゃってよかったのか?」という
懸念を抱いたという逸話があるのだとか。
邦画の概念を壊したいという野心を感じる作品です。



一緒に死のうよ 子供の時間は一番素晴らしいんだから


白樺の森と美しい湖に囲まれた全寮制の学院。
夏休みで誰もいないはずの学院には
里帰りをしない3人の少年が暮らしていた。
15歳の和彦、16歳の直人、14歳の則夫。
少年たちには、1人の少年の「死」が重くのしかかっていた。
199901.jpg
それは悠という少年。
誰にでも優しく誰からも好かれていた少年だった。
自ら戸惑いながらも和彦への気持ちを伝えたのだが
その思いは和彦に受け入れられることはなかった。
悠は絶望し、湖へ身を投げたのだった。
199902.jpg
やがて3人の前に転校生がやってきた。
少年の名は「薫」
驚く程に「悠」にそっくりな少年。

動揺する和彦、和彦を密かに愛している直人、
3人だけの夏休みに亀裂を感じ始める則夫。

禁断の恋、嫉妬、孤独
様々な思いが複雑に交差していく。




トーマの心臓とは別物と考えた方がいい異色作


いやー。。。
これはなかなか凄い映画です。
萩尾望都の『トーマの心臓』という漫画は
子供の社会で繰り広げられる複雑な人間模様と
友情、嫉妬、愛。自己犠牲を描いた少女漫画の金字塔。
舞台がドイツなのでキリスト教的な内容ではありますが
深いテーマを細かい心理描写で巧みに描いた大傑作です。

本作は『思春期』『夏休み』という
子供の頃の限られた時間で描く事で
青春映画として刹那的なものに仕上がっています。
そして忘れてはならないSFという要素!
1999年の~とはありますが
いつの時代かはっきりしない(地球なのかすら)
一般社会とは完全に独立した世界で展開される物語は
この映画を独特な存在感に仕立て上げています。

ちなみに金子修介監督はアニメーション作品
『うる星やつら』『魔法の天使クリィミーマミ』など監督を努め
『ガメラ 大怪獣空中決戦』で映画芸術誌邦画第1位
翌年『ガメラ2 レギオン襲来』で第17回日本SF大賞を受賞しています。
そういえば『デスノート』の実写化もこの監督でしたね。

押井守は金子監督に『トーマの心臓』を渡し『とりあえず読め』と言ったのだとか。
まさか後々このような作品になるとは。
『決定版みたいなのをこんなに早くつくっちゃってよかったのか?』って
金子監督にしてみたら最高の褒め言葉じゃないでしょうか。



たった四人の出演者!終わらない夏休みを過ごす少年たち


たった4人の出演者というのも面白い!
しかも女の子達に男の子の役を演じさせるという演出は
どこかしらヨーロッパ映画のような透明感があります。

誰かにあてがわれた言葉をそのまま口に出しているような
どこか他人事のようなその台詞まわし。
監督の狙いなのか、それとも本当に全員下手なのか(笑)
もしかして両方なのかもしれませんが
それが本作の不思議な世界観に妙にマッチしているので
最後までスルスルとのめり込んで観てしまいました。


則夫を演じるのは深津絵里
199906.jpg
当時は水原里絵という芸名でした。
彼女のスクリーンデビュー作なんですね。
もー則夫が可愛くて可愛くて。

一番子供っぽい則夫はひとり遊びが好きで
ひたすら一人でドリブルをしたり
199913.jpg
花束を作ったり、人形遊びをしたり
怪我をしたウサギの為に野宿したり。
199909.jpg
必死にオムレツを作るシーンは悶絶もの。

直人を演じる中野みゆき。
199905.jpg
最年長のリーダー格の少年という事もあり
妙に大人っぽい雰囲気です。
知らなかったのですが
彼女って川合俊一の奥さんなんですね!

和彦を演じるのは大寶智子。
199907.jpg
オオタカラって読むんですね。すごい苗字。
『バタアシ金魚』黒澤明監督の『八月の狂詩曲』などの映画出演
テレビドラマや舞台、CM出演も多い女優さんです。
199912.jpg
悠に愛されながらも、それを拒絶。
その為に自殺した悠にショックを受け
自己の殻に閉じこもっています。

悠/薫を演じるのは宮島依里。
199911.jpg
純粋な愛に生きる悠と自由奔放な転校生・薫を見事に演じ分けています。
1990年代後半からは主に声優として活動しているので
映画の吹き替えなどでよく名前を目にします。
このブログで紹介した『(500)日のサマー』では主役を演じています。


『革製のトランク』『手持ちランプ』『大時計』
小道具が光る作品でもあります。
近未来的な世界観と対比させるような時代錯誤なアイテム。
それらに囲まれて夏休みを過ごす少年たちは
世界から取り残された存在のように見えます。
監督のこだわりを感じますね。

しかし気になるのはこのソックスガーター!
199904.jpg
なんというか・・・どういう意図があるのか(笑)
ワケのわからないコンピューターで課題をやったり
森にはシェルターのようなものがあったりと
近未来的な演出とともに凄まじいインパクトを放つガーター。
しかも制服にはサスペンダーだし。色々吊りすぎなんじゃ?


透明感あふれる映像と音楽
大胆な演出で描いた青春映画のカルト的秀作です。
死んだはずの少年が再び現れ・・・ってのも
なんとなくホラーテイストで夏っぽい。
是非に観ていただきたい作品です。








[ 2014/07/06 17:37 ] ファンタジー | TB(0) | CM(2)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。