スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『(500)日のサマー』 サマーに恋をした、最低で最高の500日

eiga035.jpg
(500)日のサマー
(500) Days of Summer

監督 マーク・ウェブ
2009年
アメリカ
96分


なんとも不思議な映画『(500)日のサマー』を紹介します。
『ラブストーリーなのかな?』と思っていたのですが
もっと深いところに面白さがある映画でした。


個性的な俳優と、センス溢れる映像


ヒロインのサマーを演じるのはズーイー・デシャネル。
『ハプニング』『イエスマン “YES”は人生のパスワード』などの話題作の他に
数々のインディー映画にも出演している女優です。
また、音楽活動にも積極的で、
シー&ヒム名義でオリジナルアルバム3枚と
クリスマスアルバムをリリースしています。

トムを演じるのはジョゼフ・ゴードン=レヴィット。
『インセプション』『ダークナイト ライジング』
『リンカーン』『LOOPER/ルーパー』
など、
数々の話題作に引っ張りだこの超売れっ子俳優です。

監督は、Weezer、Green Dayなど
数々のミュージックビデオで知られるマーク・ウェブ。
彼の長編デビュー作が『(500)日のサマー』です。
最近では映画『アメイジング・スパイダーマン』の監督としても知られています。
本作でレジーナ・スペクターの曲『us』が使用されていますが
彼女の『Better』のミュージックビデオもマーク・ウェブ。
ズーイー・デシャネルが歌うユニット
シー&ヒム『Why Do You Let me Stay Here?』のビデオも彼が手がけています。

チョイ役ですが、トムの妹役で
クロエ・グレース・モレッツが出ています。
小さいのに兄貴の相談にのるしっかり者。
sashie062.jpg

親身になって悩みを聞いてあげる姿が可愛い!
ちなみに『キック・アス』はこの作品の翌年に公開されました。



サマーに恋をした、最低で最高の500日。


トム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、
『運命的な出会い』を夢みている青年。
ある日、同じ会社で働く事になったサマー(ズーイー・デシャネル)に一目惚れ。
たまたまエレベーターで一緒になった時
お互いロックバンド『ザ・スミス』が好きだと知り
これをきっかけに二人は仲良くなっていきます。

トムの恋心はどんどん燃え上がっていきますが
サマーは運命の恋なんて信じておらず、
そもそも恋人なんて欲しくないのです。
そんな二人の500日の記録。


『誰かを好きになるという事』を見せてくれる映画


物語は『トム目線』で語られていくので
トムに感情移入してしまいがちなのですが
それはちょっと違うなって思うのです。

この映画は、トムの『きっとこんな女の子に違いない!』という
自分勝手な思い込みでズンズン進んでいきます。
せっかく仲良くなれたというのに、片思いの暴走は止まらず
サマーの人格や個性を理解しようとしません。
それどころか自分の価値観を押しつけるような言動も。
嗚呼。。。まさに恋は盲目。。。
これに気がつけば、この映画の本来の面白さが理解できるはず。
※映像のあちこちに『これは彼の理想である』というヒントがあります。

第三者の目線で二人の恋愛を見ると
サマーの無邪気さや素直さを感じる事ができます。
『恋人はいるの?』という質問に対し
サマーはきっぱりと『私は恋人なんていらない』と言います。
『そんなの信用できない』と言われてしまうのですが
サマーは本心でそう思っています。
たとえ信じてもらえなくても
きちんと考えを伝える事ができる誠実な女性なのだと思います。

トム目線で映画を観てしまうと
『サマーはトムを振り回す小悪魔』という印象を受けますが
自分勝手な理想を描いて
勝手に理想を裏切られ続けているだけなんじゃないでしょうか?

恋する男ってとことん馬鹿なんです。

この映画には『悪者』はいません。
誰かが悪者だったら、もっと楽なんですが。。。
悪者がいないからこそ後半の切なさに胸が苦しくなります。

二人の人生を応援したくなる500日間の物語です。
501日目に訪れる小さな希望を信じて。



これは傑作。
こういうタイプの映画って
なかなか無いです。
まだ観てない方は是非。








スポンサーサイト
[ 2013/07/05 00:01 ] ラブストーリー | TB(0) | CM(0)

『ゴーストバスターズ』 超絶大ヒット作!3作目はどうなる?

eiga034.jpg
ゴーストバスターズ
Ghostbusters
監督 アイヴァン・ライトマン
脚本 ダン・エイクロイド ハロルド・ライミス
1984年
アメリカ
105分


『宇宙兄弟』を見ていたら
ゴーストバスターズが元ネタのキャラが登場!
ちょっと興奮しました(笑)

この映画が公開されたのは1984年!
あわわわわ。もうそんなに前なんですね。。。

『Who you gonna call?Ghostbusters!』という
能天気なテーマ曲と、コミカルなストーリーに魅了され
この映画は公開されると同時に爆発的大ヒットを記録しました。
改めてじっくりと鑑賞してみました。


誰を呼ぼう?ゴーストバスターズさ!


超常現象を研究する冴えない科学者達が
『おばけ退治』の会社を設立。
なぜかアメリカでは超常現象が急増中であり
ビジネスは大当たりで一躍人気者となる。
そんな中、謎の巨大霊的エネルギーが接近。
ゴーストバスターズは世界を救えるのか???

sashie060.jpg
えー。。。こうやって書いてみると
ただひたすらに馬鹿馬鹿しく、ストーリーは滅茶苦茶ですね。。。
酔っ払った勢いでしゃべった馬鹿話レベルのストーリー。

一部を抜粋。

■シガニー・ウィーバーが住むアパートが
 霊界の入り口(しかも冷蔵庫の扉の中)らしい。

■そのアパートはアンテナの役割をしており、
 霊を引き寄せる事を目的として建てられた。

■鍵の神(?)、門の神(??)が交わる時、
 破壊の神ゴーザ(???)が解き放たれる。


・・・どうですか!この超難解な設定!
こんな支離滅裂な物語をサクサク進めていく強引さ。
これこそゴーストバスターズ最大の魅力。
本来であれば物語について行けず
疲労が蓄積してしまうはずの展開(理解できたら天才)ですが
『そんな馬鹿な』と思いつつも、ついついワクワクしてしまうのは
ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミスという
『笑いのプロ』が書き上げた脚本のおかげで
見事なエンターテイメント作品に仕上がっています。

ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス
それぞれの個性的で魅力あふれるキャラクターと
『エイリアン』で人気者になった
シガニー・ウィーバーの妖艶な演技も見所(?)です。

人類の危機に、
『じゃあそのゴーザって奴をぶっとばせばいいんだな?』という
最短距離で全てを解決する荒業!
使ってる武器の説明はこれといって無しです。
とりあえずゴーストを退治できる機械のようです。
まあ教えてもらっても困るけど。

おじさん達が力を合わせ世界を救う

そんな映画があってもいいじゃないか。
最低で最高すぎるストーリーです。


レイ・パーカーJr.が歌う主題歌が大ヒット!


映画『ゴーストバスターズ』主題歌全米1位の大ヒット!
一度聞いたら忘れられない印象的なメロディーと
『Who you gonna call?Ghostbusters!』の掛け声は有名ですね。
映画の大ヒットとともに、この曲も世界中の話題となりました。

ところが、この曲、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのヒット曲
『アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ』に酷似しており、
これがまさかの裁判沙汰となり、結果はなんと敗訴!

実は映画のプロデューサーが
『ヒューイ・ルイスに曲の使用を依頼したら断られたので
パーカーに似た曲を作らせた』
というオチが。。。

そりゃ負けるよ!


ゴーストバスターズを題材としたゲームも発売!


映画公開と同時に世界中はゴーストバスターズブーム!
映画人気に便乗してこの映画をネタにしたゲームまで発売され
日本国内でもファミコンで発売されました。

ところがこのゲーム。。。
トップクラスのクソゲーなのです。
ファミコン誌で『もはやゲームになっていない』と評価された伝説あり。

『何をすれば良いのか不明な仕様』
『所持金を延々と増やせるバグ』
『画面に「りり」と表示されるだけの絶望的なエンディング』

※「りり」はファミコンマガジン懸賞のキーワード

購入したファンを絶望のどん底に突き落としました。

しかしあれから約30年
ゲーム業界は進化を続けてきました。
満を持して発売されたPS3『GhostBusters: The Video Game(輸入版)』!
これが素晴らしく面白い!
ゴーストバスターズファンにとっては『ご褒美』な内容!
美しい映像と雰囲気を盛り上げる音楽!
お馴染みのキャラクター達と一緒にゴースト退治ができます。
買った日は一晩中やりました。

見よ!この差!
sashie057.jpg
同じ題材で作ったとは思えませんね。。。



『ゴーストバスターズ3』が公開間近?


前作からすでに24年の歳月が過ぎています。
もう二度と続編は無いものと思われていました。

ところが、なんと今年2013年
『ゴーストバスターズ3』の公開が噂されています!
去年、主演ビル・マーレイがこの脚本に難色を示し
出演をしぶっているという噂でしたが
不参加を撤回して出演を決めたことが公表されました!
さらにシガニー・ウィーバー、リック・モラニスも出演が決定!
ついにオリジナルキャスト全員集合!

。。。って本当かな?

実現したらいいなー!!!








[ 2013/07/04 00:01 ] コメディ | TB(0) | CM(0)

『クライ・ベイビー』 ジョニー・デップ初主演作!曲者だらけの超B級エンターテイメント!

eiga033.jpg
クライ・ベイビー
Cry-Baby
監督 ジョン・ウォーターズ
音楽 パトリック・ウィリアムズ
1990年
アメリカ
85分


『パイレーツ・オブ・カリビアン』の製作&監督が贈る
アクション・アドベンチャー超大作『ローン・レンジャー』
8月2日(金)から全国ロードショー!
楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

という事で今回はジョニー・デップの初主演作を紹介します!


ジョニー・デップの主演デビューはジョン・ウォーターズ監督作品


ジョニー・デップのデビュー作は『エルム街の悪夢』なのですが
初主演作品がこの『クライ・ベイビー』です。
監督は悪名高き『ピンク・フラミンゴ』で知られる
カルト・ムービーの巨匠ジョン・ウォーターズ!

この作品は『ピンクフラミンゴ』的な悪趣味カルト映画ではなく
青春ミュージカル・ラブ・コメディ(?)です。
まあ簡単に言うと『おバカ映画』ですね。

ジョン・ウォーターズ作品ですから
なんとも言い難い毒気がたっぷりです。
これって必要?と思う下品な演出が
マイノリティのサブ・カルチャーへの愛を感じさせます。
ストーリーよりも映像のインパクトを優先する内容はさすが!
この個性的なメンバーを見てください!
sashie058.jpg
ジョニー・デップ若い!!

元ポルノスターのトレイシー・ローズ(写真・右)を起用するセンスも完璧!
彼女を見る為だけに映画を見ちゃうくらい
超~カワイイんです!

他にもストゥージスイギー・ポップ!
『ヘアスプレー』リッキー・レイク!
刑務所の看守役はウィレム・デフォー!

まあなかなか滅多に見られない豪華な(?)出演者。
知らない人には『誰?』って感じでしょうが(笑)
sashie059.jpg
カルト映画に興味がない方でも十分に楽しめる内容ですが
マニアックなファンにとっては『たまらない映画』だと言えます!


恋とケンカとロックンロール!チャーミングな青春映画


お金持ちのお嬢様アリスン(エイミーロケイン)と
不良グループのクライベイビー(ジョニーデップ)が出会った瞬間に恋に落ちます。
当然アリスンの家族は猛反対!
果たして二人の恋の行方は?


も~~~誰でも思いつきそうな、ありきたりな設定です(笑)
許されない恋といっても基本的にはブッ飛んだ展開が続き
あまりのくだらなさに腰が抜けそうになります。
『感動』『切ない』『泣ける』要素はありません!

先程も紹介しましたが、この映画はミュージカル仕立て。
50年代のロックンロールミュージックがやたら格好良く
ライブ演奏シーンや見事なダンスシーンもあり
音楽だけでもワクワクできる内容になっています。

『えーーー!終わりなのーーーー???』という
衝撃的なラストシーンもまたご愛嬌。
面倒な事は忘れて楽しもうぜ!ロックンロール!といった映画です!


若い!ジョニー・デップの熱演!


この映画の最大の魅力は、なんといっても
クライ・ベイビー役のジョニー・デップ!
ツヤッツヤのリーゼントをバッチリ決めた不良少年ですが
時には愛するアリスン思って涙ほろり。
格好良くもどこかチャーミングなクライ・ベイビーを熱演しています。
バンドのボーカルとして歌ったり
頑張って踊っている姿はなんとも初々しくて
彼のファンには絶対に観て欲しい!



一癖も二癖もある、超個性的な映画ですが
ジョニー・デップの可愛らしさ爆発の本作。

興味がある方は、新作を観る前に是非チェックしてみてください!








[ 2013/07/03 12:42 ] 青春 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。