『1999年の夏休み』 押井守が驚いた金子修介監督作品!原作はなんと萩尾望都のトーマの心臓!そして何気に深津絵里のデビュー作!

eiga111.jpg
1999年の夏休み
Summer Vacation1999

監督 金子修介
1988年
日本
90分


今回紹介する『1999年の夏休み』
萩尾望都の大傑作『トーマの心臓』を原案にした
金子修介監督の青春映画です。
原作ではドイツの全寮制学院が舞台でしたが
本作では近未来(時代の特定は無し)を舞台に
少女が少年を演じるという大胆なアレンジ!
もはや原作とは言えないのかも(笑)

東京学芸大学の直接の先輩にあたる押井守が監督に
「決定版みたいなのをこんなに早くつくっちゃってよかったのか?」という
懸念を抱いたという逸話があるのだとか。
邦画の概念を壊したいという野心を感じる作品です。



一緒に死のうよ 子供の時間は一番素晴らしいんだから


白樺の森と美しい湖に囲まれた全寮制の学院。
夏休みで誰もいないはずの学院には
里帰りをしない3人の少年が暮らしていた。
15歳の和彦、16歳の直人、14歳の則夫。
少年たちには、1人の少年の「死」が重くのしかかっていた。
199901.jpg
それは悠という少年。
誰にでも優しく誰からも好かれていた少年だった。
自ら戸惑いながらも和彦への気持ちを伝えたのだが
その思いは和彦に受け入れられることはなかった。
悠は絶望し、湖へ身を投げたのだった。
199902.jpg
やがて3人の前に転校生がやってきた。
少年の名は「薫」
驚く程に「悠」にそっくりな少年。

動揺する和彦、和彦を密かに愛している直人、
3人だけの夏休みに亀裂を感じ始める則夫。

禁断の恋、嫉妬、孤独
様々な思いが複雑に交差していく。




トーマの心臓とは別物と考えた方がいい異色作


いやー。。。
これはなかなか凄い映画です。
萩尾望都の『トーマの心臓』という漫画は
子供の社会で繰り広げられる複雑な人間模様と
友情、嫉妬、愛。自己犠牲を描いた少女漫画の金字塔。
舞台がドイツなのでキリスト教的な内容ではありますが
深いテーマを細かい心理描写で巧みに描いた大傑作です。

本作は『思春期』『夏休み』という
子供の頃の限られた時間で描く事で
青春映画として刹那的なものに仕上がっています。
そして忘れてはならないSFという要素!
1999年の~とはありますが
いつの時代かはっきりしない(地球なのかすら)
一般社会とは完全に独立した世界で展開される物語は
この映画を独特な存在感に仕立て上げています。

ちなみに金子修介監督はアニメーション作品
『うる星やつら』『魔法の天使クリィミーマミ』など監督を努め
『ガメラ 大怪獣空中決戦』で映画芸術誌邦画第1位
翌年『ガメラ2 レギオン襲来』で第17回日本SF大賞を受賞しています。
そういえば『デスノート』の実写化もこの監督でしたね。

押井守は金子監督に『トーマの心臓』を渡し『とりあえず読め』と言ったのだとか。
まさか後々このような作品になるとは。
『決定版みたいなのをこんなに早くつくっちゃってよかったのか?』って
金子監督にしてみたら最高の褒め言葉じゃないでしょうか。



たった四人の出演者!終わらない夏休みを過ごす少年たち


たった4人の出演者というのも面白い!
しかも女の子達に男の子の役を演じさせるという演出は
どこかしらヨーロッパ映画のような透明感があります。

誰かにあてがわれた言葉をそのまま口に出しているような
どこか他人事のようなその台詞まわし。
監督の狙いなのか、それとも本当に全員下手なのか(笑)
もしかして両方なのかもしれませんが
それが本作の不思議な世界観に妙にマッチしているので
最後までスルスルとのめり込んで観てしまいました。


則夫を演じるのは深津絵里
199906.jpg
当時は水原里絵という芸名でした。
彼女のスクリーンデビュー作なんですね。
もー則夫が可愛くて可愛くて。

一番子供っぽい則夫はひとり遊びが好きで
ひたすら一人でドリブルをしたり
199913.jpg
花束を作ったり、人形遊びをしたり
怪我をしたウサギの為に野宿したり。
199909.jpg
必死にオムレツを作るシーンは悶絶もの。

直人を演じる中野みゆき。
199905.jpg
最年長のリーダー格の少年という事もあり
妙に大人っぽい雰囲気です。
知らなかったのですが
彼女って川合俊一の奥さんなんですね!

和彦を演じるのは大寶智子。
199907.jpg
オオタカラって読むんですね。すごい苗字。
『バタアシ金魚』黒澤明監督の『八月の狂詩曲』などの映画出演
テレビドラマや舞台、CM出演も多い女優さんです。
199912.jpg
悠に愛されながらも、それを拒絶。
その為に自殺した悠にショックを受け
自己の殻に閉じこもっています。

悠/薫を演じるのは宮島依里。
199911.jpg
純粋な愛に生きる悠と自由奔放な転校生・薫を見事に演じ分けています。
1990年代後半からは主に声優として活動しているので
映画の吹き替えなどでよく名前を目にします。
このブログで紹介した『(500)日のサマー』では主役を演じています。


『革製のトランク』『手持ちランプ』『大時計』
小道具が光る作品でもあります。
近未来的な世界観と対比させるような時代錯誤なアイテム。
それらに囲まれて夏休みを過ごす少年たちは
世界から取り残された存在のように見えます。
監督のこだわりを感じますね。

しかし気になるのはこのソックスガーター!
199904.jpg
なんというか・・・どういう意図があるのか(笑)
ワケのわからないコンピューターで課題をやったり
森にはシェルターのようなものがあったりと
近未来的な演出とともに凄まじいインパクトを放つガーター。
しかも制服にはサスペンダーだし。色々吊りすぎなんじゃ?


透明感あふれる映像と音楽
大胆な演出で描いた青春映画のカルト的秀作です。
死んだはずの少年が再び現れ・・・ってのも
なんとなくホラーテイストで夏っぽい。
是非に観ていただきたい作品です。








[ 2014/07/06 17:37 ] ファンタジー | TB(0) | CM(2)

『シザーハンズ』 クリスマスといえばやはりこれ!ティム・バートン監督・ジョニー・デップ主演!おセンチファンタジーの決定版!雪はなぜ降るの?

eiga096.jpg
『シザーハンズ』
Edward Scissorhands


監督  ティム・バートン

1990年
アメリカ
105分



いよいよクリスマス!
気が早いところではハロウィンが終わった瞬間から
ツリーを飾ったりしてますが
今年は連休明けがイヴという事で
いやがうえにも気持ちが盛り上がってきますね!

って事で今回はクリスマスにピッタリの作品を紹介します。
色々ある中でやっぱり定番をチョイスしてみました。

ティム・バートンの代表作の一つ
『シザーハンズ』です!


『雪はなぜ降るの?』人間の中にある普遍的なものを描いた恋物語


あらすじ

発明家の博士によって生み出された人造人間。
名前はエドワード。
博士と幸せな日々をおくっていたが
完成直前に博士が急死してしまい
エドワードは両手がハサミのままこの世に残されてしまう。
おばけ屋敷のような丘の上の家で
孤独な日々を送っていた彼の元に
ある日、化粧品のセールス・ウーマンのペグが訪ねて来た。
Scissorhands02.jpg
ペグは彼に同情し、自分の家に連れて帰る。
初めての人間社会に戸惑いつつも
エドワードは植木を綺麗に整えたり
ペットの毛を刈ったりと徐々に人気者になる。
Scissorhands01.jpg
エドワードはペグの娘キムに心奪われ彼女に恋をするが
心無い人々によって彼の居場所が少しずつ無くなっていく。




ティム・バートンの真骨頂!
彼にしか作れない映画と言っていいでしょう。

1988年の『ビートルジュース』は低予算だったにも関わらず
7000万ドルを超える驚きの興行成績を上げ
一躍注目の監督となったティム・バートン。
翌年の『バットマン』の大ヒットで人気者になりました。
さらにその次の年に発表されたのがこの『シザー・ハンズ』です。
『一番好きな映画』で本作をあげる人が多いですね。
特に女性に多いような気がします。
ジョニー・デップティム・バートンの名前を
一躍メジャーな存在にした作品です。


『人間の中にある普遍的なものを作りたかった』という
その言葉通り、純粋な愛をテーマに
彼ならではの皮肉っぽいユーモアも交え
非常に幻想的でロマンチックな作品となっています。
主役であるエドワードの不気味なのにポップな雰囲気
彼の面白おかしい行動でクスクスっとさせておいて
ラストにはきちんと感動させるというツボまで心得た
なんとも上手な映画作りをする人だと感心させられる作品です。

ジョニー・デップは同年に『クライ・ベイビー』も公開され
一気に人気者になるかと思いきや
それほど知名度は上がらなかったんですよね。
そこからやや辛い時期がありましたが
今となっては映画界になくてはならない
超大物俳優となりました。
そんな彼のフレッシュな演技(なりきり度)は必見!
今でもエドワードが一番好きって人も多いのでは?
sashie161.jpg
しかしティム・バートンと仲がいいですよねー。
『アリス・イン・ワンダーランド』
『ダーク・シャドウ』
など現在に至るまで
8作も一緒に仕事をしています。
ティム・バートンはことあるごとに
ジョニー・デップを特殊メイクの餌食にしてきましたが
本作のエドワードから白塗り伝説がスタートします(笑)

『ビートルジュース』にも出演していた
ウィノナ・ライダーがヒロインのキムを演じています。
Scissorhands05.jpg
まだ田舎っぽいイモねえちゃんな雰囲気が可愛いです。
この映画で彼女の知名度は一気に上がり
たくさんの話題作に出演するようになりました。

そう言えば彼女
クリスチャン・スレーター(懐かしい!)と別れてから
本作がきっかけでジョニー・デップと婚約して
結局別れちゃったんですよね。
映画雜誌のゴシップネタが好きだったので
こういう余計な事まで覚えていたりして(笑)


徹底的にこだわり抜いた美術 夢の世界のような作品


この映画の魅力の一つが
絵本のようなロケーション。
それから徹底的にこだわり抜いた衣装や小物です。

エドワードの衣装やハサミ
そして髪型や特殊メイクは本当に素晴らしく
不気味さとキュートな雰囲気が混在する
ティム・バートンにしか作り出せないキャラクターです。
エドワードの心はハート型のクッキーなんですよ!
Scissorhands04.jpg
なにその可愛らしい設定!

それから背景のトーンを変化させるという技法。
独特の世界観を体感させるエッセンスになっています。

人間社会のゴテゴテとしたエゴを感じさせる
外国のお菓子のようにカラフルな街
Scissorhands03.jpg
可愛らしいけど住みたいとは思わない(笑)

それとは対照的に描かれるのがエドワードの家
暗闇の中、小さな光がさすだけなんです。
このようにトーンを変化させることによって
まったく違う世界で生きている事を表現しています。
こういう魅せ方がうまい監督ですね。

そういえば『ビッグ・フィッシュ』
『チャーリーとチョコレート工場』
でも
現実を落ち着いた色で、夢の世界をカラフルに描くという
トーンの変化で世界観を構成する技法が使われています。

『バットマン』のゴッサムシティもそうですが
背景、小物への徹底的なこだわりは凄まじいもので
始まった瞬間から観客の心を一気に持っていくという
こだわり抜いた世界観にファンは夢中になっています。


純愛をテーマにしつつも皮肉やユーモアが溢れる『おとぎ話』


『感動の名作!』みたいに絶賛する方もいますが
個人的にはそんなに大げさな作品ではなく
どこかで聞いた事がある『おとぎ話』のような
おセンチ・ファンタジーって印象。
というか正直に言いますと
この映画は何度も観たくなるタイプの映画ではないんです。
というのもエドワードが可哀想すぎるんですよね(笑)
汚れを知らない純粋な彼が
ただ愛する人を幸せにしたいと思っただけなのに
利己主義丸出しの人間社会に追い詰められていく姿は非常に残酷で
もう見てられないんです。好きだけど観れない(笑)
女性目線だと何度も観たくなるんですかね?
今日久しぶりにDVDを観ましたが
見事に泣いてしまいました。
あれ?疲れてるのかな俺。


『雪はなぜ降るの?雪はどこから降るの?』
幼い子供のそんな言葉から始まるこの物語。
ティム・バートンの魔法が遺憾なく発揮されていて
心に残る物語と美しく幻想的な映像はお見事の一言。

『なぜ雪が降るのか?』
その答えは映画の最後に明らかになります。
冬に観たくなる素敵な映画です。
クリスマスにいかがですか?








[ 2013/12/22 14:43 ] ファンタジー | TB(0) | CM(0)

『ぼくのエリ 200歳の少女』 掛け値なしの大傑作!恋したあの子は吸血鬼だった

eiga076.jpg
『ぼくのエリ 200歳の少女』
Let the Right One In


監督  トーマス・アルフレッドソン
脚本・原作  ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト


2008年
スウェーデン
115分



いよいよハロウィン!という事で
ハロウィンでの仮装のド定番その2である
吸血鬼の名作をご紹介!

とは言ってもちょっと変化球。
スウェーデンの映画なのですが
内気な少年と悲しい運命を背負った少女の物語
ぼくのエリ 200歳の少女という作品。
この作品はハリウッドでリメイクされました。
その事についても書いていこうかと思います。


いじめられっ子のオスカーが出会った少女 切なくも美しい物語


簡単なあらすじ

ストックホルム郊外に住む12歳の少年オスカー。
内気で友人もいない典型的ないじめられっ子。
ある日、隣にエリという名の女の子が引っ越してくる。
彼女は学校に通わないどころか昼間は外出もしない。
謎だらけの彼女にオスカーは恋心を抱くようになる。

bokunoeri04.jpg
同じころ、のどかで平和だった街で
失踪・殺人事件が相次いで発生する。
オスカーはエリの正体が吸血鬼であり
これらの事件の犯人であることを知るのだった。


極論から言いますと
この映画、最高なんです。
雜誌の特集記事やネットでの予告を観て
絶対面白い!と勝手に思い込んでいたのですが
予想を大きく上回る大傑作でした。
一生観れる映画です。

ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト(覚えれない)による
2004年の小説『モールス』を原作にした作品。
いわゆるホラー小説です。
しかし映画化するにあたって
ホラー色をやや抑え
オスカーとエリの交流を重点的に描く事で
永遠の名作『小さな恋のメロディ』のような
切なくも美しい作品になりました。
原作の小説も読みましたが
よくぞここまで仕上げたものだと感動します。

まず何がそんなに素晴らしいかといいますと
冬の描き方です。
この映画、本当に寒そうなんです。
冬を舞台にした作品は多々存在しますが
この映画は本当に丁寧に描いており
雪景色はもちろんの事

暖房のきいた部屋のぬくもり
真夜中に降る雪の美しさ
雪が積もる道の静寂


これらの映像は溜息が出るほど美しく
悲しく切ない物語を大きく後押しする
極上のエッセンスになっています。

また音楽も良いんですよね。。。
大げさなサントラではないのですが
印象的なシーンで奏でられる空虚な音の数々。
胸をギューッと締めつける切ないメロディ。
監督のこだわりが感じられます。

しかしよくこの二人を選んだ!
それだけでこの作品の勝利が約束されています。

いじめられっ子のオスカー
bokunoeri02.jpg
オカルト好きで一人遊び真っ盛り。
友人なしの落ちこぼれ。
なのに可愛い!なんだこれ!

謎の少女エリ。
bokunoeri07.jpg
無口で優しく強くオスカーを見守る。
何がいいって表情。
いつだって悲しそう。
これにやられます。

おまけにいじめっ子のリーダー。
bokunoeri06.jpg
こいつが悪い悪い。
この顔!憎たらしいわぁ。

オスカーが少しだけ成長する姿と それを優しく見守るエリ


この映画はラブストーリーと捉える人も多いと思います。
たしかにオスカーがエリという少女に惹かれ
ちょっとだけ成長する姿をメインに描かれているのですが
この映画の素晴らしさは、単なる甘酸っぱい恋物語で終わらず
呪われた運命と絶望も同時進行で描いている事。

ネタバレを避ける為に詳細が控えますが
吸血鬼であるエリには絶句するような過去があります。
それをオスカーの恋物語と並行して描く事で
今まで見た事がないような、切ない作品に仕上がっています。
色々書きたいのですが。。。
どうしても皆さんに観て欲しいという葛藤があり
今回は大まかに書いています(笑)


オスカーとエリは壁一つ隣の部屋に住んでいます。
二人は電話ではなくモールス信号という手段で
コミュニケーションをとるのですが
これがまた本当に可愛らしくて切なくて。
壁一枚という甘酸っぱさ!
オスカーもエリも本当に可愛らしいのです。

二人の出会いは一個のルービックキューブ。
bokunoeri05.jpg
初めてのふれあい。

『ぼくのエリ』とハリウッド版『モールス』の違い


まずは原作である小説『モールス』が存在するという事で
原作を読み、どちらの作品も鑑賞した上で
結論をいいますと『ぼくのエリ』の圧勝です。
リメイク版はどうしても二番煎じ的になってしまうので
圧倒的に不利なのですが
今作ばかりは越えられないを感じました。
それほど『ぼくのエリ』は素晴らしかった。

ハリウッド版は原作にやや近い内容なのですが
『ぼくのエリ』に比べるとホラー色が強く出ている分
ヒューマンドラマ性がやや薄くなっているので
ラストシーンまでややドライな印象があります。
というよりもクロエ・グレース・モレッツがたくましく
守ってあげたい雰囲気が薄いという(笑)
ややマッチョな印象になってしまいましたが
これはこれでなかなか完成度が高い作品なので
どちらが好きかは個人差がありそうです。
というかクロエちゃんはリメイク作品に出過ぎですよね。
新作『キャリー』もそうですし。
それだけ期待されている女優なのでしょう。
sashie141.jpg
どちらの作品も原作を忠実に描いているわけではありません。
原作はさらに絶望的であり、ホラー色が強い作品。
両作品は違う角度から同作を捉えているという意味では
非常に興味深い仕上がりであるといえます。
アメリカはアメリカっぽく
北欧は北欧っぽいという感じですね。
個人的には北欧の方が気持ちよかったです。

ストーリー上どうしても避けられないシーンに修正?


本作で唯一問題といえるシーンがあります。
エリが着替えている所をオスカーが覗くという場面なのですが
そこでオスカーは衝撃の事実を知る事になるのです。
このシーンにモザイク修正が入っているんですよね。
原作を読んでいる人であれば問題ないのですが
初めて劇場でこの物語に出会う人にしてみれば
性的表現に対する修正と勘違いされてしまうような扱いなのです。
しかし知っていると知っていないとでは
このシーンの意味、結末の悲しさが大きく変化する
最重要ポイントと言えるシーンです。
映倫が許可を出さなかった為にモザイク処理されたのですが
こればかりは許せないトホホ修正です。

これから映画を観る方も知っておいた方が良いと思いますので
こればかりはネタバレさせていただきます。
少女と信じられていたエリ、実は。。。という事。
これを知った上でラストシーンを観ると
なんと悲しい結末であるかを感じる事ができるとも思います。
映倫さん頼みますよ本当に。野暮な修正はやめてほしいです。


この物語のクライマックスはやはり
ラストシーンになります。
bokunoeri03.jpg
このラストシーンの後、
オスカーとエリにどんな未来が待っているかを想像すると
胸が締めつけられる思いです。
あらゆる壁を乗り越えて恋をつらぬくという決断。
それはこの映画の先に存在する未来です。
どうかあなたの目で目撃してください。
そして想像してください。
この小さな二人にどんな未来があるのかを。
掛け値なしの大傑作。










[ 2013/10/29 23:34 ] ファンタジー | TB(0) | CM(2)