スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ファントム・オブ・パラダイス』 デ・パルマの問題作!世界を驚かせたカルトロックミュージカル!奇跡の92分に泣いて笑って!

eiga092.jpg
『ファントム・オブ・パラダイス』
Phantom of the Paradise


監督  ブライアン・デ・パルマ

1974年
アメリカ
92分


またしてもデ・パルマの問題作
『ファントム・オブ・パラダイス』

『オペラ座の怪人』の物語をベースに描く
ロックンロール・ミュージカルです。
これがまた普通の感覚では観れない
とんでもない濃厚な作品となっております。


ロック業界の舞台裏を毒っけタップリに描くミュージカル


あらすじ

見た目・歌声は冴えないが
天才的なセンスをもつ無名のミュージシャン
ウインスローは自分の曲を懸命に売り込もうとしていた。

ところが『デス・レコード』の社長であるスワンに騙され
今まで書き溜めていた曲を全て奪われる。
ウィンスローは曲を取り戻そうとスワンに近づくが
無実の罪で投獄されてしまう。

ウィンスローは獄中で自分の曲がスワン名義で売り出される事を知り
脱獄してレコード会社に乱入するのだが
プレス機に頭を挟まれ、顔と声が潰れてしまう。

ウィンスローは仮面をかぶった怪人ファントムとなり
復讐を企てるのだが
スワンは逆に正式契約を結ばないかと話をもちかける。
それは恐ろしい『悪魔の契約』だった。



凄い映画を観たなーって思える作品です。
デ・パルマの毒とロックの毒が
見事に融合した奇跡的な映画。
しかも笑えるっていうんだから
敵なしの風格すら感じさせます。

映画に出てくるプロデューサーのスワン
日本の音楽業界でいうところの
小室哲哉、秋元康、つんくみたいな存在です。
華やかな音楽シーンに隠れたドス黒い部分を
容赦せずにこれでもかと描いてくれています(笑)

この映画の素晴らしさは92分で終わる事!
これでもかと詰め込まれた壮大な物語を
ものの見事に完結させます!
他の監督が同じ内容で作成したら
絶対にこうはいかないでしょう(笑)

時間を短縮する為なのかはわかりませんが
とりあえず主人公の移動は猛ダッシュ!
Phantom02.jpg
それを手持ちカメラが追い掛け回すのですが
信じられないスピード感!なぜそんなに急ぐのか(笑)

それだけでなく物語も2段飛びで進んでいくので
ついていくのがやっとです。
話の内容的には非常に重たく悲惨なのですが
とにかく急ぐというテクニック(?)を駆使する事で
まったく深みのないジェットコースターのような仕上がり。
なんでだろう?悲惨なシーンほど笑えます。


悲劇のヒーロー『ファントム』と、悪魔のしもべ『スワン』の怪演



本作の主人公ウィンスロー(ファントム)を演じるのは
ウィリアム・フィンレイ!これこそ彼の代表作!
デ・パルマの前作『悪魔のシスター』では
ド変態ドクターを演じていましたが
本作で見事主役に抜擢!
まさに怪人といった凄まじい演技を魅せてくれます!
ちなみにこのブログでも紹介した
トビー・フーバー監督の『悪魔の沼』にも出演しています。
一度見たら忘れられない濃厚な演技に爆笑でした。

刑務所で自分が騙された事に気がつき
Phantom04.jpg
怒りの脱獄!

仮面の怪人ファントムとなり復讐を誓う!
Phantom05.jpg
スワンめ!絶対に許さん!

しかしまさかの『契約しないか?』の提案。
Phantom06.jpg
そんなもん絶対に断ると思いきや

思いっきり契約!
Phantom07.jpg
何でだよ!


宿敵スワンを演じるのはポール・ウィリアムズ。
彼はアメリカの作曲家です。
スリー・ドッグ・ナイト
『オールド・ファションド・ラブ・ソング』
『アウト・イン・ザ・カントリー』
『ファミリー・オブ・マン』

カーペンターズ
『愛のプレリュード』
『雨の日と月曜日は』などを作曲している大御所。
本作でのスワン役は激インパクト!
sashie156.jpg
最高に気色悪いです(笑)
本作の音楽も彼が担当しているので
もうノリノリで演じています。
ちなみに『ルパン三世 ルパンVS複製人間』マモー
本作のスワンがモデルになっています。
マモーの声ってたしか西村晃だったなー。
あれも気持ち悪かったなー。

この二人の壮絶な戦いは、悲惨な結末をむかえますが
どこかコミカルな印象なのが不思議。
そういう意味でも面白い映画だなーって思います。
エンドロールも見逃しちゃダメですよ!


まさにロックンロールミュージカル!妙に耳に残る名曲ぞろい!


この映画最大の魅力は、なんと言っても音楽でしょう。
デ・パルマのロックセンスが普通とずれている為
どこがサビなのか不明な爽快感のない音楽ばかり(笑)
これがまた、微妙にクセになるというか
何度も聴いているうちに感覚が麻痺してきます。
この映画の中毒性はここにあるのかもしれません。

個人的に一番好きだったのが
プロデューサー・スワンの言いなりで
全くポリシーのない『ジューシーフルーツ』というバンド。
Phantom10.jpg
最初は50'sのパロディバンドだったのに
ビーチボーイズみたいなサーフロックをやれと言われれば
ビーチ・バムスというバンドになり
キッス風のメイクで奇抜なステージを売りにするバンドでは
アンデッドという名前に(笑)
カメレオンのように変貌を遂げる姿は
痛々しくもあり、ひたすらに笑えます。
そしてどの曲も微妙に耳に残る曲ばかりってのが最高!

そしてスワンが一目ぼれしたオカマのアーティスト
その名はビーフ!(すげー名前!)
Phantom09.jpg
見た目はアレですが
歌声はなかなかドスが効いていてカッコイイ!
ちなみにビーフのシャワーシーンは『サイコ』のパロディ。
『殺しのドレス』でも同じ事やってますから
どれだけヒッチコックが好きなんだよ!って感じです。
彼らのライブシーンはド迫力で
いかにもデ・パルマらしいカメラワークで
アートなパフォーマンスを魅せてくれます。

イタリアンホラーの傑作『サスペリア』のヒロインを演じた
ジェシカ・ハーパーは、シンガーとしての成功を夢みる女性
フェニックスを演じています。
Phantom08.jpg
最初は純粋に歌で勝負しようと思っていたはずなのに
いつの間にかプロデューサーに媚を売るようになり…という
まあよくある話です。
彼女のやわらかい歌声は魅力的。


余談ですが、近田春夫が関わったバンド『ビーフ』
『ジェニーはご機嫌ななめ』でデビューした
『ジューシィ・フルーツ』はこの映画が元ネタなんですね。

未だに人気が衰えないカルト・ミュージカル映画。
まだ観ていないという方は是非!
泣いて笑って!







スポンサーサイト
[ 2013/12/01 16:42 ] ミュージカル | TB(1) | CM(4)

『8人の女たち』 犯人はこの中にいる!なのに何故踊る?女だらけのミステリー

eiga086.jpg
『8人の女たち』
Huit Femmes


監督 フランソワ・オゾン

2002年2月6日
フランス
111分


フランスの作家ロベール・トマ作の戯曲を映画化した
『8人の女たち』を紹介します。
密室での殺人事件がおこるミステリーなのですが
8人の女優が歌って踊るミュージカルになっています。
監督はフランソワ・オゾン。
ヒッチコックが好きという事もあり
見ごたえのある密室ミステリーに仕上がっています。
また出演した8人の女優達に対して
ベルリン国際映画祭銀熊賞が贈られました。


みんなに愛されていたはずのパパが殺された!犯人はこの中に!


簡単なあらすじ

1950年代のフランス。
クリスマスを祝うために
雪に閉ざされた大邸宅に家族が集まった。
再会を喜び合う家族であったが
主であるマルセルの姿がない。
メイドのルイーズがマルセルの部屋へ朝食を持っていくと
彼はナイフで背中を刺され死んでいるのだった。
8Women4.jpg
外から何者かが侵入した形跡はなく
電話線は切られ、外部との連絡ができない状況。
『犯人はこの8人の中にいる』
クリスマスムードは一変し
それぞれを疑い始める女たち。
8Women1.jpg
彼女たち全員に疑わしき動機があった。



この映画は公開当時に観たのですが
久しぶりに観ても色あせない面白さがあります。
なんと言っても美しい女性たちの共演!

■ギャビー カトリーヌ・ドヌーヴ
マルセルの妻。ゴージャスでグラマラスなレディです。
二人の娘がおり、夫の遺産相続人。
夫にはほとんど愛情がないようで
夫の共同経営者と不倫関係にあるらしい。
夫が殺された日に愛人と逃避行する予定でした。

■オーギュスティーヌ イザベル・ユペール
ギャビーの妹。
実の父の死から立ち直れていない為に
夢見る娘がそのまま大人になり
神経質で欲求不満な独身女性になってしまった彼女。
心臓が弱いと騒ぎ立てるが、真相は不明です。
男には興味がないような事を言っているが
実はマルセルに恋心を持っていました。
こっそり恋愛本を読んだりしている。

■マミー ダニエル・ダリュー
ギャビーとオーギュスティーヌの母。
足が悪いので車椅子に座っているが、実は歩けます。
お金にがめつい所もありますが、基本的にはのんびり屋。
彼女は過去に重大な罪を犯しています。

■シュゾン ヴィルジニー・ルドワイヤン
ギャビーの娘。長女。大学生。
明るく可愛く素直な性格。
清純なイメージだが実は妊娠しており
事件の前日、父に相談しています。
その事を知った母は激怒しますが
彼女には更なる大きな秘密があります。

■カトリーヌ ヴィルジニー・ルドワイヤン
ギャビーの娘。次女。17才。
お転婆で推理小説が大好きな女の子。
当然8人の中で一番若いのですが
何げにしっかりもので今回の事件を解決すべく
まるで探偵のように大人の女性たちに質問します。
何も知らない女の子だと思っていたら…

■シャネル フィルミーヌ・リシャール
黒人のおデブな乳母。
シュゾンとカトリーヌを育てた彼女は
家族の一員として邸宅で暮らしています。
同性愛者ですが、みんなには秘密。
ところがバレてしまい、家族全員に引かれてしまいます。
事件の真相に近づきすぎたシャネルは
何者かに銃で狙われ、それ以降何も言い出せなくなります。

■ピエレット ファニー・アルダン
マルセルの実の妹。派手でギラギラした女性。
元ストリッパーで男運がないようです。
マルセルにお小遣いをもらっていたようで
ギャビーに嫌われています。
誰かから『マルセルが殺された』と連絡があり
邸宅にやってきました。
ギャビーが恋の逃避行を企んでいた相手は
ピエレットが愛していた男性。
マルセルにせびったお金をその男性に貢いでいました。
バイセクシャルでシャネルともイイ仲。

■ルイーズ エマニュエル・ベアール
最近働き始めた美しいメイド。
男を誘惑する才能は天才的で
いわゆる魔性の女であり、マルセルとも5年間もの間
愛人関係にあった事を告白する。
事件が起こって家族が慌てふためく中
徐々に横柄な態度をとるようになります。
ちなみに一番のお気に入りキャラです。
sashie150.jpg
悪そうな顔してるんですよ(笑)


このように8人それぞれ腹に一物を抱えた人物ばかり。
いったい誰がマルセルを殺したのか?
その理由とは?

『あんたがやったんじゃないの?』
『そういうあんたはどうなのよ!』

だんだん本性があらわになっていく姿は
妙にリアリティがあります。女って怖い!
徐々に明らかになっていく真相。
最後まで目が離せません。


愛するマルセルが何者かに殺された!なのに歌って踊る!


この映画の見所といったら
それぞれの女優さんが歌って踊る事でしょう。
なんの脈略もなく唐突に歌いだすので
初めて観た時は笑ってしまいました。
これって必要?と疑問に感じながら観ていましたが
女の罵り合いが続くエグい物語の中
リフレッシュタイムになっているのが面白い!
後半には『早く誰か歌わないかな?』と思うように(笑)

カトリーヌ・ドヌーヴも重量級になりましたが
8Women2.jpg
お尻をふって歌って踊ってる姿はなんとも可愛らしい!

各メンバーに見せ場があるのですが
ルイーズが何げに激しい!
8Women6.jpg
何回も観ちゃいました。

ミュージカルと言っても
大げさなバラードなんかひとつもなく
フランスのポップカルチャーを感じさせる
とても聴きやすいものばかり。
色鮮やかでポップな衣装を身にまとい
まるでお人形のように踊る彼女たちが
究極の夢物語を魅せてくれます。
フランソワ・オゾン監督はゲイと公言しているらしく
うっとりしながら撮影したんだろうなと思うと
この完成された世界観に納得できます。


そしてこの映画、衝撃の結末が待っています。
ええー!マジでー!ってなると思います(笑)
ちょっと変わったテイストの映画。
結構好きです。








[ 2013/11/18 00:05 ] ミュージカル | TB(0) | CM(2)

『雨に唄えば』 世界中を幸せにしたミュージカル映画の傑作!

eiga028.jpg
『雨に唄えば』
Singin' in the Rain

監督 ジーン・ケリー
1952年
アメリカ
103分


梅雨のスッキリしない日々が続いていますが、
今日はにちなんだ映画を紹介します。
ミュージカル映画の大傑作『雨に唄えば』です。

この映画は60年以上も前の作品なんです。
今観ても、まったく色あせる事のない感動があるのは
きっとこの映画に魔法がかけられているからでしょう。


サイレント映画からトーキー映画へ


サイレント映画は、音声が出ずに字幕のみでセリフを伝える手法の映画でした。
しかし音声がないので、小難しい物語を作品にする事は不可能。
よって『誰でもわかる内容』が前提で作られていました。

トーキーは音声が出る映画(現在私たちが観ている映画)です。
今では音声が出るのが当たり前ですが
今まで声を聞いた事がなかった俳優たちが
自分の声で喋ってるわけですから衝撃的だったと思います。
それに大好きな映画スターの声がすごく変だったら
ファンはガッカリしちゃったでしょうね。

『雨に唄えば』は、サイレント映画からトーキー映画に移り変わる
映画業界のドタバタっぷりを歌と踊りでコメディタッチに描く作品です。
華やかな映画業界の舞台裏では、大騒動が起こっていたという
映画の歴史をちょっとだけ知る事ができる作品です。



『妄想長い!』


やりすぎくらいの演出がまた面白い!

例えばジーン・ケリーが『こんなのはどうだろう?』というセリフから
彼の頭の中にあるイメージ映像になるのですが
ここから歌と踊りのエンターテイメントショーが始まります。
これがビックリするほどのボリュームで
衣装の鮮やかさ、めまぐるしいセットチェンジは圧倒的!
後半はエヴァンゲリオンの精神世界のようなスピリチュアル映像に。
『あれ?今観ている踊りは何がきっかけだっけ?』とわからなくなるほど!
ちゃんと物語に戻ってきますけどね!
大胆すぎる演出がハチャメチャで笑っちゃうんです。


ミュージカル映画史上最も有名なシーン


この映画と言えば、ジーン・ケリーが雨の街中で
『Singin' In The Rain』を歌いながらタップダンスを踊るシーン。
sashie051.jpg
ミュージカル映画史上最も有名なシーンと言われていますが
物語の流れで観ると本当に素晴らしい!
幸せいっぱいといった表情で歌いだし
後半に向けて踊りは激しくなり
水たまりでステップを踏んでバシャバシャ水を跳ね上げて踊り
最終的には警官に睨まれたりして。
ちなみにジーン・ケリーはこのシーンの撮影後
見事に風邪をひいてしまったのだとか(笑)

凄いのはジーン・ケリーだけじゃありません。
ドナルド・オコナーが歌って踊る『Make 'Em Laugh』が凄すぎる!
ハッピーな歌声と超絶ダンス!そして顔芸!
sashie052.jpg
舞台裏にある小道具やセットをフルに使って
パントマイムから壁を使った宙返りまで!
人間ってこんなに動けるの?と驚かされます。

ジーン・ケリーとドナルド・オコナーがバイオリンを弾きながら踊る
『Fit As A Fiddle』
発声練習中に踊りだす『Moses Supposes』
二人のシンクロ率はハンパじゃないです。
ここまで呼吸があったダンスを見せられると
驚きと感動と幸せな気持ちが一気にやってきて
涙が出そうになります。

キャシー役のデビー・レイノルズも、ひたすらに可愛らしくて
はつらつとしたダンスと優しい歌声を披露しています。
彼女は出演決定当時、ダンス経験が少なかったらしいのですが
ジーン・ケリー、ドナルド・オコナーに負けないダンスを魅せてくれます!
今作で一躍注目を集めたデビーは、人気女優の仲間入りを果たしました。
3人が陽気に歌う姿は本当に幸せそうで
観ているこちらも笑顔になります。

ちなみにデビーは『スターウォーズ』のレイア姫役でお馴染み
キャリー・フィッシャーのお母さんなんですって!
全然知らなかった!


影響を与えた作品の多さ


第84回アカデミー賞で作品賞、監督賞など5部門を受賞した
フランス映画『アーティスト』は、サイレントからトーキーに時代を描いた作品。
『雨に唄えば』の時代背景にピッタリ。物語にも影響がチラホラ。
こちらも合わせて鑑賞すると、さらに面白さが倍増するはず。
『アーティスト』も映画の素晴らしさを再確認できる、美しい作品です。

また、『時計じかけのオレンジ』で、主人公アレックスが
『雨に唄えば』歌いながら暴力を振るうシーンは衝撃的。
キューブリック監督が主演のマルコムに『好きな歌を歌え』と言ったら
歌詞を知ってるのが『雨に唄えば』だけだったようで(本当かな?)
監督は映像と歌のギャップが気に入り、わざわざ版権を買って撮影したそうです。

リュック・ベッソン監督の『レオン』で主人公のレオン(ジャン・レノ)が
映画館でうっとりしながら『雨に唄えば』を鑑賞しているシーンも有名ですね。

他にも数え切れないほどパロディやオマージュが存在します。
それだけ世界中の人々にとって愛された映画だという証明ですね。



久しぶりに鑑賞しましたが、何度観ても興奮できる作品です。
たまにはミュージカル映画を鑑賞してみてはいかがでしょうか?
雨が好きになるかもしれませんよ!でも風邪には注意!







[ 2013/06/28 11:25 ] ミュージカル | TB(0) | CM(2)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。